ナメてたらすごい怖かった「ゲゲゲの鬼太郎」

トラウマゲーとして名高いホラーゲーム

ゲゲゲの鬼太郎 ホラー水木しげるの大人気作品「ゲゲゲの鬼太郎」がベースのホラーアドベンチャーゲーム。
キャラゲーにも関わらず、ハイレベルの怖さを誇ることでプレイした人の中では話題になります。
ホラーゲームの要素が強すぎて、キャラゲーとしてはむしろ弱い印象。

ホラーゲームとしての出来具合はトラウマ級

ゲゲゲの鬼太郎 ホラーゲームのシナリオは「学校」「ゲゲゲの森」「肉人形」の3つを遊ぶことができ、主観視点でラジコン操作でステージを探索していきます。
主人公はシナリオごとに異なり、いずれも一般人で何も能力を持ちません。基本的には敵に反撃することもできません。
依頼人が主人公であり、なんと鬼太郎はサポートキャラという立ち位置。

それに途中から出てきて、目玉親父に主人公のサポートを任せて離れるなど、いかにもサブキャラ感が強いです。
このことからゲゲゲの鬼太郎シリーズとして、このホラーゲームを作る必要はあったのかという議論が飛び交っています。

しかし、依頼人の視点から物語を見ていくのはなかなか新鮮な気持ちでプレイができます。鬼太郎が現れた時の安心感がとてつもないんです。

怖すぎたり、難易度の高いシナリオなどそれぞれ個性が出ていますが、やりこみ要素などはないのでゲームとして内容が薄い印象。

キャラゲーとしては異例な怖さ

ゲゲゲの鬼太郎 ホラーキャラゲーとしては弱いもののアニメ声優を起用し、アニメさながらの演出を繰り広げるなど、キャラが際立っている点もあります。

本来のゲゲゲの鬼太郎と雰囲気は違うものの、肉人形や日本人形、取り憑かれた先生などキャラクターやホラー演出はかなりハイレベルで、怖かったホラーゲームとして名をあげられることも多いです。

余談ですが・・・

ゲゲゲの鬼太郎 ホラー鬼太郎がゲームで終始真顔なのが、シュールでなかなか面白いです。

タイトル ゲゲゲの鬼太郎
メーカー バンダイ
対応機種 PS1
ジャンル ホラーアドベンチャー
発売日 1997年3月24日
価格 6,800円
プレイ人数 1人

画像引用元
[https://www.youtube.com/watch?v=a8cEVXwnUZU]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-5-17

    『Death’s Gambit』戦闘をダイナミックに描く2Dアクション

    ダークソウルやデモンズソウルから影響を受けたアクションゲーム さて、今回紹介するのはインディースタ…
  2. 2017-6-14

    「ヨッシー for Nintendoswitch(仮称)」表と裏があるペーパークラフトの世界を大冒険!

    温かみのある紙でできた世界を歩くアクションゲーム! 2017 E3でヨッシーのゲームがNinten…
  3. 2018-5-7

    『Chernobylite』チェルノブイリの危険区画を舞台に巻き起こる混沌を描くサバイバルホラー

    世界最大規模の原子力発電所事故で有名なチェルノブイリが舞台のホラーゲーム さて、今回紹介するのは、…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る