『Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)』任天堂がいかに変態かを知ることが出来るゲームハード

据え置きながら、持ち運び自由。距離制限なしに、携帯することが出来る超変態ハード

2016年10月20日に、任天堂より新たなゲームハードの発表がありました。開発コード”NX”としてゲームユーザーの間で話題になっていたこの新作ハードですが、正式名称はどうやら『Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)』とのことだ。

タイトルでも「変態」と表記したが、これは決して『Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)』を貶めているわけではない。とにかく見た目、性能、どれをとっても変態ハードなのだ!

変態要素その1:据え置きにもなり、携帯も出来る

nintendo-switch ニンテンドースイッチまあ正直これはわかる。前作のWii Uも、コントローラーに画面がついていて部屋の中であればどこでも携帯化することが出来た。しかし今回発表された『Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)』は僕の想像を遥かに上回るものとなった。なんと、”距離制限なしに、携帯可能”となっているようで、もはや据え置きハードの概念を覆す新作ハードとなっている。

nintendo-switch ニンテンドースイッチ

nintendo-switch ニンテンドースイッチ距離制限がないって一体どういうことなんだと思った方もいるかもしれない。実際、僕もそう思った。据え置きってなんだっけ。画像を見てもらえればわかると思うが、どうやら持ち運び可能な小型の画面が装備されたタブレットのようなものが、ゲームハード本体らしいのだ。ゲームハード本体に、Joy-Con(ジョイコン)と呼ばれる取り外し可能なコントローラーをセットすることによって、距離制限なしに持ち運びを可能にしたようだった。

任天堂はもしかすると、「据え置きと携帯ゲーム機の線引」をなくそうとしているのかもしれない。恐ろしい企業だ。

変態要素その2:コントローラーがセクシー

nintendo-switch ニンテンドースイッチこれは、任天堂がいかに変態企業なのかをハッキリと証明してしまっている。取り外したコントローラーが夜の寝室にころがる何かのリモコンのような形状をしているというのももちろん理由の1つだが、コントローラーをゲームハード本体に取り外しができるという発想は正直無かった。

このご時世、コントローラーがワイヤレスなのはもはやこの世の理とも言えるくらいに浸透した当たり前の技術。しかし画像を見ていただきたい。ワイヤレスどころか、真っ二つなのである。ペヤングがジェット湯切りになった時くらいの衝撃だ。あれ?元々独立してるんだから真っ二つではないのか?まあいいや。

nintendo-switch ニンテンドースイッチしかも、なにがキモいかって、このコントローラー、なんと分裂した各個体を、1つのコントローラーとして使用することが出来るのだ。細胞かよ。つまりこういうことになる。出先やドライブ中に、付属のコントローラー1つで友人たちと同時プレイでワイワイすることが出来るが、ドライブの主役である運転手はただそれを眺めているだけ。あまりにもひどすぎるとは思わないか?

変態要素その3:画面を切り替えてもそこまで品質が低下しない(多分)

nintendo-switch ニンテンドースイッチ

nintendo-switch ニンテンドースイッチここまで読んだ皆様なら、もうこれしきのことじゃ動じなくなっていると思うのだが、もし本当であれば個人的にこれは推していきたい素晴らしい機能だ。ちなみにこの項目に関しては、動画を見た限りの判断で完全に憶測で文章を書いていく。半信半疑で読んでくれ。

通常、据え置きから携帯ゲーム機に移行すれば、多少の品質低下は免れられないものだが、『Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)』では、持ち運び可能側がゲームハード本体になっている仕様のため、そこまで品質が落ちない(多分)のだ。つまり、出先でちょっとゲームをプレイしよう、なんてときにこれを持っていけば、家の中で遊んでいることとなんらかわりのない高品質なゲームをプレイすることが出来るやも知れない。もしそうであれば、完全にクオリティの暴力だ。

品質劣化するのであればその時は本当にごめん。

変態要素その4:パートナー企業のラインナップが半端ない

nintendo-switch ニンテンドースイッチそして最後に、パートナー企業のラインナップだ。画像を見てもらえればわかると思うが、豪華すぎる。いくら天下の任天堂だからと言って、ここまで行くとちょっと引く。なに、フロム・ソフトウェアって。なに、ベセスダ・ソフトワークスって。『Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)』でダークソウルを発売しようというのか。あ、ダークソウル3が絶賛発売中だからみんな買ってね。

しかしながら、今回の任天堂の『Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)』発表は驚きの連続だった。いい意味で久しぶりに気持ちが高揚したのを覚えている。そんな僕の気持ちとは裏腹に、発表直後に任天堂の株価が暴落してるっていうんだから、皮肉なものだ。だが、そうやって世界は回っているのだ。世界はつじつま合わせに回っているのだ。

タイトル Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)
メーカー 任天堂
対応機種
ジャンル
発売日
価格
プレイ人数

画像引用元
[https://www.youtube.com/watch?v=vvaQENG7lBI]

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめゲーム

  1. OlliOlliが超パワーアップして再び登場!スピード感溢れるスケボーを楽しもう! 今回紹介するゲ…
  2. コスタリカ産の横スクロールアクションゲーム さて、今回紹介するゲームはクロスファンクションより20…
  3. 何もかもが豪華なスマホ無料ゲームアプリ「シノビナイトメア」 「シノビナイトメア」は和風な世界観と豪…
  4. 神話生物のようなモンスターと戦うスパルタンアクションゲーム さて、今回紹介するのは任天堂とSini…
  5. 米軍とNVAが衝突!ベトナム戦争がテーマになった本作は一体どのようなゲームになっているのか 今回紹…

注目の最新ゲーム

  1. 2017-6-14

    「メトロイドプライム4」探索と謎解きが重視されたFPS

    原点に立ち返った期待の探索型シューティングゲーム 「メトロイドプライム4」は、2017 E3にて少…
  2. 2018-5-7

    『Chernobylite』チェルノブイリの危険区画を舞台に巻き起こる混沌を描くサバイバルホラー

    世界最大規模の原子力発電所事故で有名なチェルノブイリが舞台のホラーゲーム さて、今回紹介するのは、…
  3. 2018-5-17

    『Death’s Gambit』戦闘をダイナミックに描く2Dアクション

    ダークソウルやデモンズソウルから影響を受けたアクションゲーム さて、今回紹介するのはインディースタ…

がめついSNSバナー

がめついSNSバナー

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る