50本もの怪談を聞ける!「学校であった怖い話」

こんなサウンドノベルを求めていた!

学校であった怖い話 ホラー ゲーム サウンドノベル「学校であった怖い話」は1995年に発売されたサウンドノベルのホラーゲーム。
1本のストーリーのサウンドノベルが主流だった当時に、短編集の形式を取ったホラーゲームで少し珍しい部類だ。

「学校であった怖い話」ゲーム内容

学校であった怖い話 ホラー ゲーム サウンドノベル6人の語り手から怖い話を自由に聞いていく。その順番によって同一人物でも全く違う話を聞くことができる。
さらには従来のサウンドノベル同様、選択肢によって怪談の成り行きは変化していき、それぞれの怖い話に1つ以上の結末がある。
6話全て聞き終わると、本筋の7話が始まりエンディングへと向かう。エンディングも通常とバッドの2パターン。
一見ボリュームが薄いように見えるホラーゲームだが、実際には50本もの怖い話がつまっている。新たな怪談を聞くためにやりこむことができる。

聞くだけのゲームじゃない!

怪談を聞くだけの地味なゲーム内容に聞こえるが、実際プレイすると作りこまれていて本当に怖く、文章やグラフィック、不穏なピアノBGMなどホラー演出のクオリティが高い。
ただ怪談を聞くだけでなく、語り手からの  質問に答えることでシナリオは分岐していくため、サウンドノベルの特徴をしっかり捉え、ホラーゲームに入り込める工夫が施されている。
唯一の問題点は高校生が老けすぎ…。しかしその顔はホラー演出に一役買っているという皮肉っぷり。

タイトル 学校であった怖い話
メーカー  パンプレスト
対応機種 スーパーファミコン
ジャンル ホラーサウンドノベル
発売日 1995年8月4日
価格 11,800円
プレイ人数 1人

画像引用元
[https://www.youtube.com/watch?v=GuP6qn9
8mYY&list=PLABalcqRCQkDK69_feo65C9DGuL8CEiXn]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-5-15

    「妖怪ウォッチ4」超怖くなったシャドウサイドとして超進化を遂げたゲーム

    シャドウサイドの世界で展開するまったく新しいゲームの妖怪ウォッチ 多くのシリーズを発売し社会現象に…
  2. 2017-10-24

    『真・女神転生V』Nintendo Switch発売のメガテン最新作となるRPG

    カルト的人気を誇る悪魔をテーマにしたシリーズ最新作(2018年) 人気RPG真・女神転生シ…
  3. 2018-4-21

    『世界樹の迷宮X(クロス)』かつての人気職業がたくさん登場するローグライクRPG

    2018年シリーズ最新作、そして3DSでは最後となるゲームタイトル さて、今回紹介するのはアトラス…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る