衝撃…!「INSIDE」のサウンドに人間の頭蓋骨を使っていた

人間の頭蓋骨を使ったサウンドがクリエイティブすぎる

INSIDE ホラー ゲームLIMBO」「INSIDE」など独特なホラーゲームを制作してきたPlaydead。ミステリアスで闇の組織から逃げるというホラーゲームである「INSIDE」、そこでサウンドを担当していたMatinさんが、本物の頭蓋骨を通して録音していたと話しました。

これはかなり衝撃的ですね!

プロジェクトに特徴的なサウンドを求めた結果、この方法にたどり着いたのだと言います。ものすごい発想ですね。確かに「INSIDE」では、なんとも不気味で淡々とした印象があったので、この頭蓋骨が一役買っているのは間違いないでしょう。潜在的な意識からプレイヤーがそう感じたのかもしれません。

どう違うのか聴き比べてみよう

SoundCloudでは、「INSIDE」の元の状態のサウンドと頭蓋骨を通したサウンドを聴き比べることができます。

元々のサウンド

頭蓋骨を通したサウンド

やはり、頭蓋骨を通している方が、空間を利用されているような、反響のある感じのサウンドですね。多少のエフェクトなどで処理されているそうです。

頭蓋骨の入手先は不明で、サウンドの振動で前歯が落ちちゃったんだとか・・・。

画像引用元:
[http://www.gamespark.jp/article/2016/10/08/69177.html]

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る