「海のカケラ」サークルアクションで記憶を探すため海の世界へ!

ぐるぐる回るサークルを渡り歩いてゴールを目指すシンプルなゲーム

「海のカケラ」はサークルアクションが主体となっているゲームなんですが、サークルアクションと言われてもたぶんあまり知らない人がほとんどじゃないかなと思います。そのままの意味でゲームとしてもとてもシンプルなので、よくわからなくても全然楽しめるはずです。

自分の記憶と体を取り戻す旅へ

「海のカケラ」では、よくある設定ではありますが、主人公が自分自身の記憶を取り戻すために広大な海の世界の冒険へと出ていきます。さらに体も探しに行くという設定までついていて、これだけ見ると、どろろのようなイメージを持ってしまいそうですね。ちょっとずつ正体が明かされていくというストーリーもあるので、アクションだけじゃなくそちらにも注目です。結構、謎が散りばめられているので興味がそそられる人も多いのではないかな~と。

泡というサークルを渡り歩くアクション

「海のカケラ」は一見海っぽくないなと感じたのですが、どうやらこのサークルは泡のようです。この海に浮かぶ泡を伝ってゴールを目指していくのがゲームの目的になります。

ただ渡っていくだけなら難しくないですが、「海のカケラ」の世界にはちょっとしたルールがあるので案外難しかったりもするんです。

まず第一に反時計回りでしか回れない、次に自分と同じ色の泡にしか触れることができないというもの。特に同じ色しか触れられないルールは重要で、主人公自身の体の色は6色に分かれているためそれぞれ切り替えないければならず、これが結構難しいです・・・。タイミングというか先読みしながらプレイする能力が要求されます。

ちなみに白い泡はどんな色でも触れることができますよ。

海のカケラの評価・レビュー

謎めくストーリーもあって雰囲気重視のゲームだなと思いました。メインはやはりアクション部分になりますが、自分の色を切り替えながら攻略していくのが、たぶん慣れるまでちょっと大変かなと・・・。ただめちゃくちゃ難しい鬼畜ゲームというわけじゃないので、身構えてプレイする必要もありません。単純にクリアするだけではなくミッションなどのやりこみ要素もあるのもまた魅力です。

海のカケラの発売日はいつ?

「海のカケラ」は、2018年7月26日にNintendoswitchで発売されました。

タイトル 海のカケラ
メーカー メディアスケープ
対応機種 Nintendoswitch
Android
ジャンル アクションゲーム
発売日 2018年7月26日
価格 330~500円
プレイ人数 1人~2人

画像引用元
[https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000011749]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2017-4-29

    『ザンキゼロ』ダンガンロンパシリーズのスタッフが手がけるRPG。人類滅亡まで残機8人

    退廃的で美しい世界を描くサバイバルRPG スパイク・チュンソフトより、ダンガンロンパシリーズを手掛…
  2. 2016-2-28

    『キングダムハーツ3』ピアノが導く最果てへの鍵となるアクションRPG

    キングダムハーツ久しぶりのナンバリングタイトルとなるゲームの全容はいかに・・・!? ディズニーキャ…
  3. 2016-12-5

    ついに発表!『The Last of Us Part Ⅱ』憎しみを描いたシリーズ最新作は成長したエリーが主役。

    世界中を震わせた超名作ゲームの続編がきた 我々ゲームユーザーにとっては本当に嬉しいお知らせなのです…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る