『Five Night at Freddy’s 4』一般宅で人形に襲われるホラーゲーム

最恐ホラーゲーム最終章!『Five Night at Freddy’s 4』

『Five Night at Freddy’s 4』は、パブリッシャーのScott Cawthon氏が制作した大人気ホラーゲーム『Five Night at Freddy’sシリーズ』の最終作と銘打たれたゲーム。
本作『Five Night at Freddy’s 4』はピザ屋でもお化け屋敷でもなく自宅が舞台となっており、アニマトロニクスや人形のデザインはシリーズ史上最恐の怖さになっている。

自らの五感で自分自身を守れ!

本作『Five Night at Freddy’s 4』では自宅が舞台なので警備システムは存在しない
プレイヤーは廊下や寝室をクリックして移動する。しかしこれは従来シリーズの警備カメラを開いている状態と同じような仕様なので混乱することはあまりないだろう。
しかし、他の部屋がどうなっているのかわからないので、よりシビアなゲームシステムになったといえる。

警備システムがない代わりにプレイヤーは完全に己の視覚や聴覚で接近を判断する。
ドアを開けてからすぐにライトを点灯をせず、近くから吐息や足音は聞こえないかを確認してから点灯するなど、スリリングな展開が楽しめる。

一般宅に潜む恐怖をくぐり抜けろ!

Five Night at Freddy’s 3』は、お化け屋敷が舞台であることや、中途半端に怖い人形のデザインも狙ったホラーのため、あまり恐怖を感じなかった人も多いだろう。
しかし本作はシリーズ史上最も怖いとされている『Five Night at Freddy’s 2』にも並ぶ怖さである。
トレイラーを見てもらえれば分かるとおり、人形の怖さはかなりハイレベルになっており、個人宅が舞台というのも現実と非現実が同居していて恐怖感は倍増だ。

クローゼットやドア、廊下の奥から顔を出す人形は、何の変哲もない一般的な自宅が舞台だからか今までよりも強い恐怖を感じる。
不気味ながらもかわいいダークメルヘンのような世界観から本格的なホラーゲームに変貌したようだ。

タイトル Five Nights at Freddy’s 4
メーカー スコット・カウソン(Scott Cawthon)
対応機種 PC
ジャンル ホラーゲーム
発売日
価格 798円
プレイ人数 1人

画像引用元
[http://store.steampowered.com/app/388090/?l=japanese]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-3-12

    「メイドインワリオ ゴージャス」おバカで中毒性の高いミニゲームが300種類収録!

    超手軽すぎるアクションミニゲームの集大成が登場! 当時タッチ機能を活かしたミニゲーム集として話題を…
  2. 2018-5-17

    『Death’s Gambit』戦闘をダイナミックに描く2Dアクション

    ダークソウルやデモンズソウルから影響を受けたアクションゲーム さて、今回紹介するのはインディースタ…
  3. 2017-6-14

    「ヨッシー for Nintendoswitch(仮称)」表と裏があるペーパークラフトの世界を大冒険!

    温かみのある紙でできた世界を歩くアクションゲーム! 2017 E3でヨッシーのゲームがNinten…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る