『FIREWATCH』自然保護区を舞台に展開するミステリーアクションADV

アメリカ・ワイオミング州の自然保護区で奇妙なことが起きるミステリーアドベンチャーゲーム

さて、今回紹介するゲームはCampo Santoより発売が予定されているミステリーアクション・アドベンチャーゲームの『FIREWATCH』。対応プラットフォームはPlaystation4/Steam、価格は1980円となっている。Nintendoswitchでも国内配信が決定しました。

■FIREWATCHのストーリー

本作『FIREWATCH』のゲームの舞台は1989年、アメリカのワイオミング州のとある自然保護区で起こる奇妙な出来事との遭遇が主人公「ヘンリー」の日常を大きく変える。面倒な生活から逃げ出すように、森林火災監視員となったヘンリーは、今日も山の上の監視塔から火事の元となる煙を見張っている。

■上司・デリラが唯一の生命線

そんなヘンリーだが、この場所では彼以外の唯一の存在と言っていい上司である「デリラ」から、「この場所に以前から不審人物が徘徊している」ということを告げられる。警察もなかなか立ち入ることのないこの場所において、不審人物の徘徊という情報はヘンリーを大きく不安にさせた。

唯一のライフラインであるデリラが信用できる人間なのかもわからないまま、不安感だけが募っていく。大自然である自然保護区を徘徊しながら、トランシーバーを使ってデリラと対話してストーリーが変化していく掛け合いは、とてもミステリアスで続きを知りたくなるという好奇心を刺激してくる。

■ノベルを体感できるゲーム

本作『FIREWATCH』はアクションはあるものの、サバイバルやメカニックといった要素はほぼなく、飽くまでもアドベンチャー寄りのゲームだ。そのため小説などのノベルをゲームで体感できるのがメインであり、ゲーム内でできることは物を動かしたりする程度である。

本作『FIREWATCH』のゲームボリュームは4時間ほどなので、映画を見るくらいの感覚で、気軽にプレイするといいのではと個人的に思う。

孤独感あふれるミステリーアクション・アドベンチャー『FIREWATCH』に魅力を感じたり興味をそそられたのであれば、ぜひとも手にとってどのような結末がヘンリーに待ち受けているのか、その目で確かめて欲しい。

『FIREWATCH』の発売日はいつ?

本作『FIREWATCH』は、2018年2月7日に国内発売が決定している。Steamでは2016年2月10日にリリースされている。

アドベンチャー要素が強いので、本作『FIREWATCH』を満足行くようにプレイしたいのであれば、日本語字幕のついている国内版のPlayStation4がおすすめだ。追記となるが、アップデートによってSteamでも日本語対応となった。

タイトル FIREWATCH
メーカー Campo Santo
対応機種 PlayStation4
Steam
Nintendoswitch
ジャンル ミステリーアクション・アドベンチャー
発売日 2018年2月7日
価格 1980円
プレイ人数 1人

画像引用元
[https://www.jp.playstation.com/games/firewatch-ps4/]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2017-6-14

    「ヨッシー for Nintendoswitch(仮称)」表と裏があるペーパークラフトの世界を大冒険!

    温かみのある紙でできた世界を歩くアクションゲーム! 2017 E3でヨッシーのゲームがNinten…
  2. 2018-3-12

    「太鼓の達人 Nintendoswitchば~じょん!」Joy-Conをバチにして手軽に叩ける音楽ゲームへと進化!

    流行の曲をたっぷり詰め込んだ2018年版太鼓の達人! 多くのシリーズを出していてゲームセンターなど…
  3. 2018-5-15

    「妖怪ウォッチ4」超怖くなったシャドウサイドとして超進化を遂げたゲーム

    シャドウサイドの世界で展開するまったく新しいゲームの妖怪ウォッチ 多くのシリーズを発売し社会現象に…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る