『エターナル・ダークネス -招かれた13人-』1奇妙な冒険が始まる…!

『エターナル・ダークネス -招かれた13人-』これまでになかったホラーゲーム!

エターナル・ダークネス ホラーゲーム『エターナル・ダークネス -招かれた13人-』は任天堂がニンテンドーゲームキューブで発売したホラーアドベンチャーゲーム。
クトゥルフ神話に影響を受けた設定と個性的な恐怖演出、時空を超えた12人の壮大な物語を体験できることが特徴(13人目はプレイヤー)。

エターナル・ダークネスの書…そこには大いなる闇との戦いが記されていた

エターナル・ダークネス ホラーゲーム アレックスは突然の祖父の不可解な死に疑問を抱き、祖父の屋敷を自ら捜索していたところ、人間の骨と皮で作られた奇妙な本を見つける。それは闇の存在「エンシャント」と人類の戦いを記した「エターナル・ダークネスの書」だった。

章ごとに全てが変わるから面白い!

エターナル・ダークネス ホラーゲーム『エターナル・ダークネス』は全12章で構成され、章ごとに主人公、時代、舞台すべてが違う。
主人公アレックスを操作し、屋敷を捜索しては次章のキャラクターの物語へと切り替わるチャプター方式でゲームは進行する。
合計12人の物語をプレイすることになるということだ。
それらのキャラクターはカンボジアの踊り子や考古学者、ペルシャの剣士や遠征中のローマ帝国兵、フランスの修道士など、時代や舞台、キャラクターは全く異なり、皆個性にあふれている。
そしてそれぞれの物語は時空を超えて繋がる。

サニティシステムで起こるユニークな恐怖の数々!

エターナル・ダークネス ホラーゲーム敵からの攻撃を受けるとサニティ(精神力)が低下していく。低下すると正気ではいられなくなり、視界がぐらついたり、幻聴幻覚が見えたり画面が暗くなるなどの障害が起きる。
サニティ低下における障害のバリエーションはキャラクターや場所によって多岐にわたり、主人公の首が落っこちるなどのバグのようなドッキリもある。
中には「メモリーカードのセーブデータを削除しています」や敵に囲まれた状態で「コントローラ端子が刺さっていません」などプレイヤーとして恐怖に陥れられるドッキリ幻覚もあり、初見でプレイすれば必ず騙されるだろう。

海外では有名なホラーゲーム!

日本では影の薄い『エターナル・ダークネス -招かれた13人-』だが、海外ではゲームキューブのベストアクションゲームに選ばれるなど人気が高い。
バイオハザード0』や子ども低年齢対象のゲームキューブからの発売から日本では人気が出なかったが、斬新なゲームシステムを取り入れたユニークなホラーゲームである。

タイトル エターナル・ダークネス -招かれた13人-
メーカー シリコンナイツ
任天堂
対応機種 ニンテンドーゲームキューブ
ジャンル サイコホラーアドベンチャー
発売日 2002年10月25日
価格 4,500円
プレイ人数 1人

画像引用元
[https://www.youtube.com/watch?v=Eso9clyS2e8]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-6-13

    「ファイアーエムブレム 風花雪月」おなじみのバトルがより戦略的になったシミュレーションRPG

    王道を行くロールプレイングシミュレーションの醍醐味を味わえ  2018年E3で発表された「ファ…
  2. 2017-6-14

    「ヨッシー クラフトワールド」表と裏があるペーパークラフトの世界を大冒険するアクション!

    温かみのある紙でできた世界を歩くアクションゲーム! 2017 E3でヨッシーのゲームがNint…
  3. 2017-8-7

    『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』シリーズ30周年を祝うサウンドボックスゲーム第二弾

    ブロックメイクRPG”ドラゴンクエストビルダーズ”の期待の続編ゲームが登場! 東京ビッグサイトで開…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る