「Enter the Gungeon(エンター・ザ・ガンジョン)」クリア不可能な迷宮に挑むヒーローアクションゲーム!

過去を消したい訳ありヒーローが奮闘するアクションシューティングゲーム

「Enter the Gungeon(エンター・ザ・ガンジョン)」は、たくさんの挑戦者たちが命を落としていった迷宮ガンジョンを舞台に、コミカルで可愛らしいヒーローたちが究極の秘宝を求めて挑むというアクションシューティングゲーム。

この究極の秘宝なんですが、最深部に眠っていて、その名も過去を始末する銃というもの。名前だけで何かヤバそうな銃ですが、そんな秘宝を求めて、過去を塗り替えようとする訳ありなヒーローが戦いを繰り広げていきます。

何度でも遊べるダンジョン探索ゲーム

「Enter the Gungeon(エンター・ザ・ガンジョン)」の特徴を言うとしたら、コミカルでハードな弾幕シューティング風のローグライクゲームといったところでしょうか。長いけどw

アクション要素もふんだんに組み込まれていて、逃げ場を探すのも大変な弾幕が何ともスリリング。さらにローグライク要素もあるので、道中のアイテムによって運要素が変化しプレイをより一層楽しくしてくれます。

敵はガンデッドという、弾丸の形をした奴らでこれまたコミカルで可愛い。けど容赦なく突っ込んでくる!他にもたくさんユニークで可愛い敵キャラクターがたくさん登場しますし、強大なボスも登場します。

注意しなければいけないのは敵だけではなく、落とし穴といったトラップも存在しています。最新の注意を払いつつ、スピーディにダンジョンを突き進みましょう!

クセの強い豊富な銃たち

「Enter the Gungeon(エンター・ザ・ガンジョン)」のメインウェポンとなる銃ですが、ゲーム最大の醍醐味といったも過言ではないです。その数200種類以上というラインナップ。

マシンガンからミサイル、レーザー、大砲といったものから、虹色光線銃、オモチャのダーツ、魚!?ハチ!?なんていうわけのわからないユニークなものまで取り揃えています。

武器によっては攻略難易度が大きく変わってくるという運要素はローグライクならではですね。しかし、サカナってwはたけばいいのかw

ネタアイテムが豊富で笑いどころも結構満載。映画とかよく見る人だとパロディにクスッとくるかも。

ダンジョンのあちこちに落ちている宝箱を開けたり、怪しい商人たちとの商談で手に入れることもできます。

なかなかハードなゲーム

「Enter the Gungeon(エンター・ザ・ガンジョン)」はマゾ要素たっぷりなので、弾幕シューティングとかアクションに不慣れな人だと少し辛いかと思います。

それでもゲームバランスは抜群に良く、しっかりと構成が考えられている良ゲーと言えるでしょう。

ローカルでは2人プレイもできて楽しさも2倍ですが、ゲーム難易度が跳ね上がるというオマケつきなので、片方が足を引っ張ってケンカとかにならないように注意しましょうw

Enter the Gungeon(エンター・ザ・ガンジョン)の発売日はいつ?

「Enter the Gungeon(エンター・ザ・ガンジョン)」は2016年4月5日に発売が決定しました。

タイトル Enter the Gungeon(エンター・ザ・ガンジョン)
メーカー Devolver Digital
対応機種 Steam/PS4/XboxOne/NintendoSwitch
ジャンル アクションシューティングゲーム
発売日 2016年4月5日
価格 1480円
プレイ人数 1人~

画像引用元:

[https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000002863]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-1-26

    「NINTENDO LABO(ニンテンドーラボ)」新感覚すぎる!ダンボール工作×ゲームによる革命!

    ダンボールでコントローラを作ったり、デコったり、ゲームと連動したり! つくる、あそぶ、わかる、とい…
  2. 2018-4-22

    『CLOSED NIGHTMARE(クローズド・ナイトメア)』閉鎖空間を徘徊する実写ホラーアドベンチャーゲーム

    まるでホラー映画のようなシネマティックアドベンチャーゲーム さて、今回紹介するのは日本一ソフトウェ…
  3. 2018-1-18

    『マリオテニス エース』対戦あり!ストーリーあり!の白熱テニスゲーム!

    きらびやかなスタジアムでマリオたちとテニスを楽しもう! さて、今回紹介するのは、任天堂より発売が予…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る