『エコーナイト#2 眠りの支配者』恋人を探しに亡霊の館へ踏み込むホラーゲーム

『エコーナイト#2 眠りの支配者』洋館で亡霊の叫びを聞け!

エコーナイト#2 眠りの支配者『エコーナイト 眠りの支配者』フロム・ソフトウェアが1998年に発売された『エコーナイト』の第2作目のホラーゲーム。
ゲームの世界観はそのまま。主人公は前作と同じ名前だが、別の人物である。

クランシー家の洋館にはなにが待ち受けているのか…

エコーナイト#2 眠りの支配者1949年、アメリカ北東部。3ヶ月も消息を絶ってしまっている恋人クリスティーナの捜査が進まないことに苛立ったリチャードは、クリスティーナが失踪する前日に訪れたという図書館へ向かった。貸し出し名簿を元にクリスティーナが借りた一冊の本を見つける。そこにはクリスティーナと瓜二つのクランシー家当主の妻ジェシカ・クランシーが写っていた。孤児として育ったクリスティーナは彼女と過去に深い関わりがあると確信したのではないかとリチャードは推測し、深い森の奥にあるというクランシー邸へと向かうのだった。

『エコーナイト#2 眠りの支配者』でも高難易度な謎解きが待っている!

前作『エコーナイト』に続いた本作『エコーナイト#2 眠りの支配者』の謎解きも高難易度を誇る
初っ端から、楽譜に音符を記入するという謎解きがあるが、音楽の知識がある程度ないと苦労するという、またも難しいという話ではない理不尽な謎解きも存在するゲームになっている。

エコーナイトの哀愁ある世界観は健在!

前作『エコーナイト』での亡霊の未練のエピソードは客船前の過去の物語だったが、本作『エコーナイト#2 眠りの支配者』では洋館の中だけの話になってしまったので、閉鎖的な雰囲気になり、あらゆるバリエーションの物語をゲームで楽しめなくなった。しかし、亡霊の未練を晴らすという設定や暗いゲームの世界観はそのままで『エコーナイト』のいいところをしっかりと受け継いだ続編ホラーゲームである。


タイトル エコーナイト#2 眠りの支配者
メーカー フロム・ソフトウェア
対応機種 PS1
ジャンル ホラーゲーム
発売日 1999年8月5日
価格 5,800円
プレイ人数 1人

画像引用元
[https://www.youtube.com/watch?v=gwMYkzTKzUc]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-2-16

    日本一ソフトウェア2018年期待の新作『嘘つき姫と盲目王子』目の見えない王子を救うために化物の嘘つき姫は冒険する

    全社員参加のコンペにより生まれたアクションアドベンチャーゲーム さて、今回紹介するのは日本一ソフト…
  2. 2018-5-17

    『Death’s Gambit』戦闘をダイナミックに描く2Dアクション

    ダークソウルやデモンズソウルから影響を受けたアクションゲーム さて、今回紹介するのはインディースタ…
  3. 2018-1-18

    『DARK SOULS REMASTERED』現世代機向けに進化し名作ゲームがリマスターとして蘇る

    グラフィックだけじゃなくオンラインマルチプレイの拡張も行ったアクションRPG 今回紹介するのは、フ…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る