がめついe-sports

e-sports情報サイトがめついeスポーツ

【初心者向け】オペレーターはこう使え!”SPETSNAZ”編【レインボーシックスシージ】

【初心者向け】オペレーターはこう使え!”SPETSNAZ”編【レインボーシックスシージ】

UBISOFTよりサービスが提供されているタクティカルシューター「レインボーシックスシージ」。数多くのオペレーターが存在しており、初心者の方は誰をどう使えばいいのかわからない人がほとんどだろう。そういう人たちに向けて各オペレーターの解説や使い方などを部隊ごとに紹介していこうと思う。その名も「オペレーターはこう使え!」のコーナーだ。

SPETSNAZ編

今回は、オペレーターの中でも最初期の部類に当たるSPETSNAZにフィーチャーしたオペレーター紹介をしていく。GLAZやFUZEなど、ハマればかなり脅威になるオペレーターなので使い方をしっかり覚えていこう。

GLAZ(攻撃側)

役割:攻撃側
ガジェット:フリップサイト
本名:ティムール・グラズコフ
誕生日:1987年7月2日
出身:ロシア、ウラジオストク
身長/体重:178cm/84kg

GLAZは長距離スコープを持ったスナイパーだ。アップデートにより、スコープを覗けばスモークの中でも敵の位置が確認できるようになったし、何より「敵の姿だけ目立って見える」という特徴が脅威だ。

GLAZは使い所をしっかり抑えておけば相手を常に牽制することが出来る有用なオペレーターだ。例えば大統領専用機。このマップでは、GLAZのみが飛行機の窓を貫通する銃弾を発射することが出来る。味方が攻めあぐねている中で、表に出ている敵を外から牽制することが出来る。相手からすればかなり厄介だ。

またスモークを透視出来るスコープを持っているので、自ら先陣を切りスモークを炊いて戦況を切り開いていけるのもGLAZの強みだ。適材適所だが、しっかり目的を持ってピックできれば非常に心強い味方となるだろう。

FUZE(攻撃側)

役割:攻撃側
ガジェット:クラスターチャージ
本名:シュフラット・ケシバイエフ
誕生日:1982年10月12日
出身:ウズベキスタン、サマルカンド
身長/体重:180cm/85kg

FUZEは比較的初心者でも使いやすいオペレーターだ。彼の持つ「クラスターチャージ」というガジェットは、壁越しに部屋に爆弾を投げ込むことが出来る。この爆弾は一度の使用で複数投下される上に、1つ1つのダメージがものすごく大きい。爆弾拠点にこもっている敵にめがけて投げ込めば、上手く行けば一網打尽にすることが出来る。

使い方としては、足音を聞いて敵の所在を確認してクラスターチャージを打ち込むのがベターだが、味方にドローンを回してもらって敵の位置を確認してから打ち込むのもまた効果的だろう。ただ、ミュートのジャミングデバイスの影響を受けるので、そこだけは要注意だ。

爆弾拠点に繋がっているバリケードや貫通できる天井などなど、様々な場所からアクションを仕掛けていこう。

KAPKAN(防衛側)

役割:防衛側
ガジェット:侵入阻止デバイス
本名:マクシム・バスーダ
誕生日:1979年5月14日
出身:ロシア、コブロフ
身長/体重:180cm/86kg

防衛側となるKAPKANもまたかなり厄介なオペレーターだ。KAPKANはドアにブービートラップを設置することが出来る。所持数は5つ。このブービートラップに引っかかってしまうと攻撃側オペレーターはHPの約半分ほどのダメージを負うことになる。ラッシュや時間ギリギリの攻防の際に非常に効果的となるストッパーだ。

このブービートラップは基本的にドアの側面に設置することが出来る。そのため、敵にKAPKANがいる状態でドアから侵入する際には、ドアの側面にあるデバイスを破壊しなければならない。これが意外に見落としがちで、急いでいる状態だとほぼ確実にダメージを食らってしまうだろう。

ストッパーとして非常に有効的なオペレーターな上に、準備フェーズでトラップを設置するだけなので初心者の方にも扱いやすいと思う。いるだけでありがたいので積極的に使っていって欲しい。

TACHANKA(防衛側)

役割:防衛側
ガジェット:LMG
本名:アレクサンドル・セナフィエフ
誕生日:1967年11月3日
出身:ロシア、サンクトペテルブルク
身長/体重:183cm/99.8kg

皆さん大好きのTACHANKAさんは、基本的にネタキャラ扱いを受けている。理由としては動きが制限されてしまうガジェット、大きい発射音、天敵の多さ、そもそもレインボーシックスシージというゲームの方向性にマッチしていないと言ったものが挙げられる。

TACHANKAが持つLMGというガジェットは、その場に固定・展開して使用する固定機銃だ。もちろんのことその場から動けなくなってしまうし、視界も狭い。さらに視点の可動域も狭まってしまうため、横や後ろからくる敵に対応することが出来ない。

レインボーシックスシージというゲームがリリースされてから「平和の象徴」とされるオペレーター・TACHANKA。動画サイトにも数多くのネタ動画が投稿されており、レインボーシックスシージ唯一の「停戦信号」である。ただそんなTACHANKAにやられてしまうと死ぬほどイラつくので要注意。

ソース

UBISOFT

COMMENTはこちら

*

Return Top