「DragoDino (ドラゴディーノ)」不思議なパワーをもった可愛い恐竜が主役の2Dアクションゲーム

小さくて可愛いドラゴンの大冒険が始まるアクションアドベンチャー!

「DragoDino (ドラゴディーノ)」は、ゲームタイトルからも分かる通り恐竜(ドラゴン)を題材にしたアニメ調のゲームです。恐竜(ドラゴン)と言われると、すごい怖いものを想像してしまいますが、このゲームで登場するのは小さくて愛らしい姿をしたカートゥーンのようなデザインになっています。ゲームシステムも幅広い年齢層に向けたものとなっているので、どんな人でも楽しむことができるのではないかと思います。可愛いアクションゲームを探しているのであれば「DragoDino (ドラゴディーノ)」をチェックしてみましょう!

無くしてしまった卵を探す旅

「DragoDino (ドラゴディーノ)」では、大きな木の上にあったはずの卵をボブが無くしてしまいます。そこで、一体どこへ消えてしまったのか森の王国を舞台に大冒険を繰り広げていきます。と、言ったようにストーリーもとても可愛らしいものになっています。

昔ながらの2Dアクションゲーム

ゲームをやっているとおなじみとも言える2Dアクションとなっているのが「DragoDino (ドラゴディーノ)」。移動やジャンプといった簡単な操作でプレイできるので、あまりゲームをプレイしたことがない人でもすぐに馴染めると思います。

「DragoDino (ドラゴディーノ)」の特徴となるのが登場する恐竜たち。彼らには特殊な力があったり、魔法の力を組み合わせることで不思議な力を使うことができるようです。パワーアップは40種類も用意されているとのことなので、かなり色々試せそうですね。

「DragoDino (ドラゴディーノ)」は、10のレベルと3人のボスというボリュームになっていて、値段から考えるとちょっと不足しているかなとも感じます。ただ登場する敵キャラクターは50種類と豊富で、徹底した世界観作りや難易度の選択などユーザビリティを考えられた作りになっているゲームです。他にも隠しキャラクターや隠れたストーリーがあるようなのでやりこみ要素は組み込まれています。

Co-opモードでさらにゲームを楽しもう

「DragoDino (ドラゴディーノ)」には2人で楽しめるCo-opモードが搭載されています。プレイする時は画面分割となってしまいますが、一緒に協力することができ、倒れてしまったら近くに寄り添って復活させることができます。

DragoDino (ドラゴディーノ)の発売日はいつ?

「DragoDino (ドラゴディーノ)」は、2017年6月21日にSteamで発売されています。2018年3月現在日本語ローカライズされていませんが、アクション強めで、ストーリーもグラフィックを見ていればおおよそ把握できるので問題なくゲームを楽しむことができると思います。

タイトル DragoDino (ドラゴディーノ)
メーカー TealRocks Studio,
Plug In Digital
対応機種 Nintendoswitch/Steam
ジャンル アクションゲーム
発売日 2017年6月21日
価格 1180円
プレイ人数 1人~2人

画像引用元
[http://store.steampowered.com/app/561510/DragoDino/]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2016-12-5

    ついに発表!『The Last of Us Part Ⅱ』憎しみを描いたシリーズ最新作は成長したエリーが主役。

    世界中を震わせた超名作ゲームの続編がきた 我々ゲームユーザーにとっては本当に嬉しいお知らせなのです…
  2. 2018-5-25

    『Battlefield V』自分の部隊を作り第二次世界大戦を勝ち抜くFPS

    緊迫感溢れる戦場をダイナミックに描いたシリーズ最新作(2018年) さて、今回紹介するのはElec…
  3. 2018-6-13

    「ファイアーエムブレム 風花雪月」おなじみのバトルがより戦略的になったシミュレーションRPG

    王道を行くロールプレイングシミュレーションの醍醐味を味わえ  2018年E3で発表された「ファ…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る