軽快なアクション!『ドンキーコング64』

ドンキーコングが3Dになった!

ドンキーコング64 ゲーム2Dだったドンキーコングシリーズが3Dアクションゲーム「ドンキーコング64」として登場!
レア社による開発で、「バンジョーとカズーイの大冒険」の後継作ともとれるゲームです。

ドンキーコング64のストーリー

コングたちに負けっぱなしのキングクルールは新兵器「ブラストマティック」でDKランドを破壊しようと企んだ。しかし岩に激突しブラストマティックはこわれてしまった。キングクルールはドンキーの仲間をさらいゴールデンバナナを各地に隠すことで直るまで時間を稼ぐことにした。ドンキーコングは仲間とバナナを取り戻すため立ち上がった。

ドンキーコング64のゲームシステム

ドンキーコング64 ゲームドンキーコング64 ゲーム「ドンキーコング64」箱庭型のステージで、ゴールデンバナナを集め、決められた数を取得するとボス戦に進めます。
プレイヤーキャラは徐々に増え、ディディーコング、ランキーコング、タイニーコング、チャンキーコングなど多くのプレイキャラクターを使うことができます。
操作性が良く、ドンキーを動かすだけで楽しいゲームになっています!

またグラフィックやBGMはスーパーマリオ64に影響を受けた64後期ゲームのため、非常にきれい!
BGMは「バンジョーとカズーイの大冒険」で音楽を担当をしたグラント・カークホープさんが担当!非常に完成度の高いBGMになりました。

ドンキーコング64の問題点

2Dアクションで人気を博したドンキーコングシリーズを3Dにしたことで話題を呼びましたが、従来のファンの一部は納得しませんでした。
同社が発表した「バンジョーとカズーイの大冒険」に影響を受けたゲームシステムやBGMのため、どうしても比較されてしまいます。
あの神ゲーと比べてしまうとなにかと問題の多い二番煎じ感は否めません…
そのため従来のドンキーコングシリーズと比べてあまり売れ行きのよろしくない結果になってしまいました。
アクションの完成度を求めず、ただドンキーコングのゲームが好きだという人には十分おすすめできます!

タイトル ドンキーコング64
メーカー 任天堂
対応機種 ニンテンドー64
ジャンル アクションゲーム
発売日 1999年12月10日
価格 8,190円
プレイ人数 1人

画像引用元
{https://www.youtube.com/watch?v=KnP7s
NwqLC8&list=PLD963B72AA0440BD9}

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-5-22

    『Call of Duty: Black Ops 4』多彩なアクションで立ちはだかる強敵を砕く爽快なFPS!

    アタッチメントの登場で大きな進化を遂げた2018年最新作のゲーム さて、今回紹介するのはActiv…
  2. 2018-5-6

    『Eastward』緩やかに滅びゆく世界を冒険するアクションRPG

    限られた時間を精一杯生きる2人に胸を打たれる さて、今回紹介するのは、インディーパブリッシャーCh…
  3. 2017-10-24

    『真・女神転生V』Nintendo Switch発売のメガテン最新作となるRPG

    カルト的人気を誇る悪魔をテーマにしたシリーズ最新作(2018年) 人気RPG真・女神転生シ…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る