『Die Young』追いかけてくる野犬や大男から逃げ回るオープンワールド型アクション!

[最終更新日]2017/12/06

アクロバットなパルクールアクションゲームで凶悪な奴らから逃げろ!

さて、今回紹介するのはIndiegalaより2017年6月6日に発売が開始されているオープンワールド型アクションゲームの『Die Young』。対応プラットフォームはPC、価格は1480円となっている。

本作『Die Young』は、追いかけてくる野犬からパルクールを駆使して逃げ回るというアクションゲーム。オープンワールドで再現された広大な大地をひたすら逃げ回るというなんとも一風変わったタイトルになっている。

目が覚めると謎の島

本作『Die Young』の舞台は、エーゲ海に位置する謎の島。主人公はタンクトップ姿の若い女性だ。

女性が目を覚ますと、目の前は青い海。状況が飲み込めないまま二匹の野犬に襲われるところからゲームが始まる。野犬のビジュアルが、もはや犬というよりもグリズリーのような迫力を持っていてより緊迫感を演出している。しかし、どう見ても「ひまわり畑で飼い犬たちと戯れている」という微笑ましい構図にしか見えないのはいかがなものだろうか。

何としてでも逃げて生き延びる

プレイヤーは犬たちから身を守るため、安全な場所を探すことになる。漂着した謎の島は殆ど街の整備がされていないため、パルクールを駆使して崖を登ったり、何かを飛び越えたりすることに。

他にも体力や渇きを潤す、言うなれば生き残るための資材調達やクラフト要素、サバイバルゲームとしても楽しめる。

果たしてプレイヤーは、親の敵と言わんばかりに追いかけ回してくる野犬たちから逃げることが出来るのか。

犬以外にも登場する恐ろしい奴ら

本作『Die Young』では野犬以外にも恐ろしい奴らが襲い掛かってくる。島ならではの蛇だったり、徘徊している謎の大男だったりと様々。

島に転がる惨殺された死体、謎の檻や地下室に横たわる死体など背筋が凍るようなサスペンスもあり、ハラハラドキドキの展開を期待してプレイできます。

一体この島で何が起きているのか、ただ友達と遊びにきただけなのに、気づいたらこんな目に合うのは何故なのか、謎多き島に魅力を感じたら本作『Die Young』はおすすめ。

ゲーム難易度は高めで、ほぼノーヒントで進めていかなければいけない。実際に自分がホラー映画などの世界に放り出された気分を味わえるという点では高評価のゲームだと思う。ゲームシステムでも演出でも鬼畜なものが苦手な人はパスした方がいいかもしれないゲーム。

タイトル Die Young
メーカー Indiegala
対応機種 Steam
ジャンル サバイバルアクション
発売日 2017年6月6日
価格 1480円
プレイ人数 1人

画像引用元
[https://www.youtube.com/watch?v=Dm5oFDO7ORo]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめゲーム

  1. ホラーゲームの代表格にして最恐の神ゲー「クロックタワー」 クロックタワーと言われれば知らない人はい…
  2. Destinyの絶妙なゲームバランス! Destinyは、SF・オープンワールド設定のオンライン・…
  3. 上手にブロックを重ねて消して天辺を目指そう! 「アケアカNEOGEO ジョイジョイキッド」は、19…
  4. ”生きる”罪を背負った人々が自由を求めて戦うアクションゲーム さて、今回紹介するゲームはソニー・コ…
  5. タッチペンで簡単操作♪ドラクエのモンスターがボード上で陣取り合戦! ドラクエシリーズおなじみのスラ…

注目のゲーム

  1. 2017-6-14

    「ヨッシー for Nintendoswitch(仮称)」表と裏があるペーパークラフトの世界を大冒険!

    温かみのある紙でできた世界を歩くアクションゲーム! 2017 E3でヨッシーのゲームがNinten…
  2. 2016-12-5

    ついに発表!『The Last of Us Part Ⅱ』憎しみを描いたシリーズ最新作は成長したエリーが主役。

    世界中を震わせた超名作ゲームの続編がきた 我々ゲームユーザーにとっては本当に嬉しいお知らせなのです…
  3. 2017-9-14

    『Uncharted The Lost Legacy(アンチャーテッド ロストレガシー)』ネイサンの元カノであるクロエがナディーンと共に世界を股にかけるアクションアドベンチャー

    クロエにナディーン…シリーズファンにとっては驚きのゲーム Naughty Dogより、アメリカカリ…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る