「Devious Dungeon」誰でも簡単!ローグライクなシンプル2Dアクションゲーム

ダンジョンに挑み最深部にいるドラゴンを討ち取るカジュアルアクション

課金モデルが多いスマホゲームアプリ界ですが、「Devious Dungeon」は売り切りとなっていてゲームを買って楽しむという、一度購入すれば追加課金なしで心置きなく遊べるというスタイルです。また、海外向けにPS4やPSVita、Nintendoswitchでの発売も決定しています。

そんな「Devious Dungeon」は、とてもカジュアルなアクションゲームとなっていて、シンプルな操作で誰でも気軽に楽しめるものとなっています。

懐かしさを感じる2D横スクロールアクションゲーム

「Devious Dungeon」をスタートすると、ランダムに生成されたダンジョンのどこかからスタートします。何ともローグライクらしいスタートの切り方で、常に新鮮味のあるプレイができます。移動とジャンプ、攻撃(長押しで連撃)というシンプルな操作でステージを巡っていくわけですが、ダンジョンのどこかにある鍵を見つけ出してゲートに差し込むことが目的となっています。なので、戦いながら、時には戦闘を避けて、ランダム生成されたステージを探索し鍵を探し出し次へ次へと進んでいきましょう。

ダンジョン内のあちこちには敵が存在しているのですが、決まった行動パターンがあり、プレイヤーを追いかけてきたりするようなことはありません。昔プレイしたスーパーファミコン時代の敵のような感じです。

レベルアップによる成長要素がある

「Devious Dungeon」にはレベルアップという概念があり、アクションに加えてRPGとしての要素も加わっています。モンスターと戦うことで経験値を得ることができ、ゲージが満タンになるとレベルアップするという仕組み。レベルアップするとステータスをアップすることができるのですが、攻撃、体力、クリティカルという3つの能力のどれかを伸ばすことが可能です。火力重視であれば攻撃、生存重視ならば体力、可能性を信じるならばクリティカルといった具合でしょうか。正直どれも捨てがたい能力ですが、長く探索することを考えるのであれば敵と長く戦える体力が無難かなと思ったりします。クリティカルに全振りするのもなかなか爽快だそうです。

お金で装備やアイテムを揃えよう

ダンジョンに潜って敵と戦っていると経験値だけでなくお金も手に入るわけですが、このお金はショップで色々買い物できゲーム攻略に非常に重要なものとなっています。回復アイテムであるポーションを買うことができるのはもちろんのこと、武器や防具を購入すれば攻撃力や体力を上げることができ、しかも見た目まで変わるためお着替えという点でも楽しめるゲームです。リングやアミュレットという装飾品もありますが、これも武器や防具と一緒でステータスがアップするだけのものとなっています。

Devious Dungeonの発売日はいつ?

「Devious Dungeon」は、2014年3月1日にスマホ向けに配信されました。2018年にはPS4、PSVita、Nintendoswitchでも配信されることが決定しています。どのプラットフォームも海外向けとなっています。

タイトル Devious Dungeon
メーカー Ratalaika Games
対応機種 iOS/Android/PS4/PSVita/Nintendoswitch
ジャンル アクションゲーム
発売日 2014年3月1日
価格 240~360円
プレイ人数 1人

画像引用元:

[http://store.steampowered.com/app/63800/Delve_Deeper/]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2016-2-28

    『キングダムハーツ3』ピアノが導く最果てへの鍵となるアクションRPG

    キングダムハーツ久しぶりのナンバリングタイトルとなるゲームの全容はいかに・・・!? ディズニーキャ…
  2. 2018-3-12

    「メイドインワリオ ゴージャス」おバカで中毒性の高いミニゲームが300種類収録!

    超手軽すぎるアクションミニゲームの集大成が登場! 当時タッチ機能を活かしたミニゲーム集として話題を…
  3. 2018-3-12

    「太鼓の達人 Nintendoswitchば~じょん!」Joy-Conをバチにして手軽に叩ける音楽ゲームへと進化!

    流行の曲をたっぷり詰め込んだ2018年版太鼓の達人! 多くのシリーズを出していてゲームセンターなど…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る