僅かな武器とアイテムで生き延びろ『Deadlight: Director’s Cut』

排他的かつ美しい世界でゾンビと戦い続けるホラーゲーム!

今回紹介するゲーム『Deadlight: Director’s Cut』は、2012年にPCとXbox 360向けにリリースされた2DアクションのHDリメイクに当たるもので、様々な進化を遂げて新たに登場する期待のホラーゲームです。ゲームの概要は、シャドウと呼ばれるゾンビから、数少ない武器とアイテムを駆使しながら生き延びるというものになっており、シンプルかつその複雑な難易度からゲームユーザーの間で一躍話題になったホラーゲームでもあります。

Deadlight Director’s Cut 2

Deadlight Director’s Cut 3『Deadlight: Director’s Cut』の特徴はやはりなんといっても2Dゲームだというところにあります。ここ最近のゾンビゲームってかなりリアルなグラフィックスで、さらに現実と見間違えるんじゃないかってくらいに綺麗な3Dで描写されていますね。しかし『Deadlight: Director’s Cut』は不思議な雰囲気をまとった2Dのホラーゲームとなっています。

だからといって、本作『Deadlight: Director’s Cut』のグラフィックが汚いかと言われればそういう訳じゃなくむしろ綺麗です。ですが、どこかリアリティがないというか、ファンタジーチックな世界観で描写されているので、それが良いんです。常に逆光にあるかのような、黒を中心とした色彩に身をまとったキャラクターが2Dの画面でシャドウと戦うという状況がなんともファンタジックで好きなんですよね。

Deadlight Director’s Cut 4本作『Deadlight: Director’s Cut』では「Survival Arena」と呼ばれる新モードが搭載されており、波状攻撃を仕掛けてくるゾンビから木箱などのオブジェクトをうまく配置して敵の進行速度を落としながら戦うというものになっております。『Deadlight: Director’s Cut』はパズル要素が多めのホラーゲームなので、頭を使って生き延びるという状況のホラーゲームが好きな人にはたまらない1作だと思います。

タイトル Deadlight: Director’s Cut
メーカー Deep Silver
対応機種 PS4/XboxOne/PC
ジャンル サバイバルホラー
発売日 2016年6月21日
価格 1180円
プレイ人数 1人~

画像引用元
[https://www.youtube.com/watch?v=r1r8rmzzggs]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2017-12-6

    『ロックマン11 運命の歯車!!』シリーズ30周年を記念した最新作のゲームとして登場!

    カプコンが放つ!ロックマンシリーズの面白さを再確認するアクションゲーム さて、今回紹介するのはカプ…
  2. 2018-5-29

    『最悪なる災厄人間に捧ぐ』孤独な透明人間と少年が紡ぐ100万字のノベルアドベンチャーゲーム

    透明人間の少女と、透明人間しか見ることが出来ない少年のADV さて、今回紹介するのはKEMCOより…
  3. 2017-10-24

    『真・女神転生V』Nintendo Switch発売のメガテン最新作となるRPG

    カルト的人気を誇る悪魔をテーマにしたシリーズ最新作(2018年) 人気RPG真・女神転生シ…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る