『脱出ゲーム 忘れ雪』謎解き以上に壮大な物語に感動する無料ゲーム

この物語は壮大で、ちょっと切ないピュアストーリーが魅力

今回紹介するスマホ無料ゲームアプリは「脱出ゲーム 忘れ雪」です。

脱出ゲームとしての難易度はかなり初級編というか、決して難しくはないので初心者の方でも充分に攻略することができると思います。
逆に上級者から見れば物足りなく感じてしまうかもしれませんが、このスマホ無料ゲームアプリ「脱出ゲーム 忘れ雪」はそれでも遊んでほしい、その理由があります。

というのも脱出ゲームとしての難易度は低めかもしれませんが、それ以上に物語を楽しんでほしい脱出ゲームだからなんです。

冬の山里を舞台にした、昔と今がつながる物語――そんな印象のどこかセンチメンタルな物語。
この物語を楽しむだけでもこのスマホ無料ゲームアプリ「忘れ雪」を遊んでみる価値はあります。

脱出ゲームを楽しみつつ、壮大な物語を楽しむスマホ無料ゲームアプリ「脱出ゲーム 忘れ雪」、脱出ゲーム好きもそうじゃない人にも一度は遊んでほしい脱出ゲームです。

「脱出ゲーム 忘れ雪」の遊び方とゲームの流れ

舞台はとある雪山の里。
一件の古民家の中にいるのはその家の主と思われる老人と客人と思われる青年らしき人物。
老人は青年にこの村に伝わる昔話を始める。

それはこの村にいた狐の親子と人間の物語
親狐を失くした一匹の狐が、手厚く弔ってくれた人間に恩返しをしようとする物語
ここから脱出ゲームがはじまる。

とはいえ脱出といっても密室から出るというより、謎を解いて物語を進行させていくといった形式になっているので、厳密には脱出ゲームではなく、「謎解き冒険譚」とでも解釈しておこう。

親狐を弔ってくれた人間に恩返しをしようと、男の家の前まで来た子狐。
だが狐の姿のままでは言葉が通じないため、まずは人間の姿に化ける必要がある。
そのため、人間に化けるために一度雪山へ赴くことに。

雪山で人間になるべく、子狐はある方法を取ることに。

具体的には枯れ木に残った一枚の葉っぱを使い、人間に化けるという方法。
だが子狐はどう頑張っても木の上に上ることができない、なので何か別の手段で葉っぱを手に入れることに。

雪山には謎の祠が。
この祠がどう物語や謎ときに関わってくるかはネタバレになってしまうのでぜひ自分の目で確かめてみてください。

どうにかして葉っぱを手に入れた子狐。
これを使って人間に化けることに。

人間に化けたのち、男の家に再び向かう。

ここで最初のステージはクリア。
スマホ無料ゲームアプリ「脱出ゲーム 忘れ雪」ステージクリア型になっており、物語の区切りごとにステージが分かれている。
なので一度に全部遊ばなくても途中から再開することができ、その分物語を読み込みやすい内容になっている。

そして物語は次のステージへ。
今度はどんな物語が待っているのか、常に続きが気になってしまいます。

謎解きを楽しみながら壮大なストーリーを体験できるスマホ無料ゲームアプリ「脱出ゲーム 忘れ雪」、ぜひあなたの目で子の物語を確かめてみてください。きっと夢中になってしまいますよ。

タイトル 脱出ゲーム 忘れ雪
メーカー あそびごころ。
対応機種 Android/iOS
ジャンル 脱出ゲーム
発売日 2018年2月20日
価格 基本プレイ無料(アイテム課金制)
プレイ人数 1人


アンドロイド ダウンロード バナー
アイフォン ios ダウンロード バナー

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-1-18

    『マリオテニス エース』対戦あり!ストーリーあり!の白熱テニスゲーム!

    きらびやかなスタジアムでマリオたちとテニスを楽しもう! さて、今回紹介するのは、任天堂より発売が予…
  2. 2018-8-9

    「Just Cause 4(ジャストコーズ4)」ド派手かつカオスな迫力満点のアクションアドベンチャー

    このオープンワールドの世界で好き放題大暴れしよう!  Avalanche Studiosがゲー…
  3. 2018-5-17

    『Death’s Gambit』戦闘をダイナミックに描く2Dアクション

    ダークソウルやデモンズソウルから影響を受けたアクションゲーム さて、今回紹介するのはインディースタ…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る