「ダマスカスギヤ東京始戦」ロボットに乗り込み人類による東京奪還作戦が始まるアクションゲーム!

ロボットをカスタマイズすることができるハック・アンド・スラッシュアクションゲーム

「ダマスカスギヤ東京始戦」は近未来を舞台にロボットに乗り込み戦う爽快なハクスラ系アクションゲームとなっています。メカ好き、アクション好きの人はとても食いつきそうなゲームです。

オーバーテクノロジーが産んだ悲劇のストーリー

2042年、突然現れた天才科学者によって世界情勢が一変してしまいます。ギヤシステムと呼ばれる動力エンジンを搭載したもので、オーバーテクノロジーとして世界中を沸かせました。このシステムによって有人式人型歩行ロボットを感性させることができたのですが、このギヤが利用された第四次世界大戦が勃発してしまいます。そんな中、ある組織がギヤのコンソールを操作し、制御不能となりギヤからレイジとなり暴走し始め世界が滅亡への一途を辿ることに・・・。時は流れ、2097年世界人口の8割が滅亡した中、一部の人達は地下での生活をしていました。そして再び地上を取り戻すため人々は立ち上がり奮起します。

ギヤに乗り込みレイジを排除する爽快ロボアクション

RAGE(怒り)となって制御不能になったロボットと戦うため、プレイヤーはギヤに乗り込み戦いを繰り広げていきます。

「ダマスカスギヤ東京始戦」では特務組織フレイヤの新人隊員として物語を体験しながら、レイジを排除し、多くのミッションをこなしていくことになります。ミッションには、討伐はもちろんのこと、護衛や物資輸送、奪還といった様々なものが用意されているので、状況に合わせた動きが重要となってきます。

特務組織フレイヤは組織なので仲間たちも大勢います。連携をとり協力しながらミッション遂行を目指しましょう。

パーツを奪い、ギヤを自由にカスタマイズし強化する

「ダマスカスギヤ東京始戦」の醍醐味となるのがロボットであるギヤのカスタマイズでしょう。パーツは地上を占領するレイジを倒すことで奪うことができ、どんどんパーツを集めることでギヤを強化していくことができます。ロボットを自分でカスタマイズしていけるのは男の人としては非常にロマンあふれるところがありますよね。これらのパーツは、装甲や武器といった多くの種類があり、自分好みにカスタマイズするのも楽しいですが、ミッションや敵に応じた装備にしたりするのも戦略性があって面白いです。

また、パーツの中には特性という特殊な効果を与えるものも存在していて、耐久度アップやスピードアップといったバトルで非常に有利になる効果を得ることができます。500種類以上ものカスタムパーツがあるので、色々試行錯誤して楽しんでいきましょう。

ダマスカスギヤ東京始戦の発売日はいつ?

「ダマスカスギヤ東京始戦」は2013年12月25日にPSVitaのダウンロード専用ソフトとして発売されました。2018年3月1日にはNintendoswitchでも配信されることが決定しています。


タイトル ダマスカスギヤ 東京始戦
メーカー アークシステムワークス
対応機種 PSVita/Nintendoswitch
ジャンル ハック&スラッシュアクションゲーム
発売日 2013年12月25日
価格 1800円
プレイ人数 1人

画像引用元
[https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000003791]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2017-10-24

    『真・女神転生V』Nintendo Switch発売のメガテン最新作となるRPG

    カルト的人気を誇る悪魔をテーマにしたシリーズ最新作(2018年) 人気RPG真・女神転生シ…
  2. 2018-3-12

    「メイドインワリオ ゴージャス」おバカで中毒性の高いミニゲームが300種類収録!

    超手軽すぎるアクションミニゲームの集大成が登場! 当時タッチ機能を活かしたミニゲーム集として話題を…
  3. 2018-2-16

    日本一ソフトウェア2018年期待の新作『嘘つき姫と盲目王子』目の見えない王子を救うために化物の嘘つき姫は冒険する

    全社員参加のコンペにより生まれたアクションアドベンチャーゲーム さて、今回紹介するのは日本一ソフト…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る