『シェルノサージュ~失われた星へ捧ぐ詩~』7つの次元を超えた先の世界で生きる少女とコミュニケーション!

”本当に存在する世界”をコンセプトに開発された新感覚アドベンチャーゲーム

さて、今回紹介するゲームは、コーエーテクモゲームスより2012年4月26日に発売が開始されている7次元コミュニケーションゲームの『シェルノサージュ~失われた星へ捧ぐ詩~』です。対応プラットフォームはPlaystationVita、ゲームの価格は4800円となっております。

本作『シェルノサージュ~失われた星へ捧ぐ詩~』は、”はるか7つの次元を超えた先に本当に存在する世界”というコンセプトを元に開発が進められたゲーム。

これまでのサージュ・コンチェルトの作品群は、その全てが同じ世界の別の時間、別の可能性を舞台とした物語となっており、全てが相関関係にあるとのこと。つまり、世界線は違えど、物語自体に共通項が見られるというなんとも一風変わったゲームです。

■プロローグ

どこの世界のいつの時期かはわからない。
一つ言えることは、その星系は既に寿命を迎えつつあり、太陽の膨張により飲み込まれようとしているという事だけだ。
この惑星「ラシェーラ」に住人々は、自らの生命の危機に対し、「移住」か「再生」かの選択に迫られていた。
移住。それは「天文」と呼ばれる組織によって提唱されている、惑星規模の瞬間移動計画。
その為のエネルギーとしてこの星を1つ潰すことになるが、人々は速やかに別の居住可能星へと移り住むことが出来るという。
そして再生。それは「地文」と呼ばれる組織によって提唱されている、想いの力による星系の回復計画である。
人々の想い、この世界では「詩魔法」と呼ばれる「力」を最大限増幅し、太陽とこの惑星を緑豊かな星へと蘇らせるものである。
世論は真っ二つに割れ、天文派と地文派は争い、世界は疲弊していった。
そんな中、この世界を治める皇帝の世代交代が行われることになる。
天文、地文はそれぞれ、自らの組織の息がかかった候補を立ち上げ、即位に向けて動いた。
この世界では、皇帝即位は民意によって決められる。民衆は天文、地文、どちらの皇帝候補を支持するのか。
そして、この星の運命は、どちらへと進んでいくのだろうか…。
そんな、この惑星始まって以来の一大事の渦中に、少女はいた。
少女の名は、イオナサル・ククルル・プリシェール。
次期皇帝候補の一人、天文側が推薦した皇女である。

本作『シェルノサージュ~失われた星へ捧ぐ詩~』では、7次元先の画面の向こうにいる少女「イオン」と、よりリアルなコミュニケーションを取るゲームになっています。これまでに体感したことのない、よりリアルな世界体験を可能にしたのが本作『シェルノサージュ~失われた星へ捧ぐ詩~』。果たして別次元の少女と、どのようなコミュニケーションをとることができるのか気になるゲームですね。

タイトル シェルノサージュ~失われた星へ捧ぐ詩~
メーカー コーエーテクモゲームス
対応機種 PSVITA
ジャンル 7次元コミュニケーション
発売日 2012年4月26日
価格 4800円
プレイ人数 1人

画像引用元
[http://www.jp.playstation.com/software/title/vljm30019.html]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-6-16

    「Fallout 76」爆弾が投下されて25年、終末戦争後のアメリカへと一歩踏み出すRPG

    未だかつてないオープンワールドRPGのマルチプレイを体験しよう  Bethesda Game …
  2. 2017-6-14

    「メトロイドプライム4」探索と謎解きが重視されたFPS

    原点に立ち返った期待の探索型シューティングゲーム 「メトロイドプライム4」は、2017 E3にて少…
  3. 2018-5-6

    『Eastward』緩やかに滅びゆく世界を冒険するアクションRPG

    限られた時間を精一杯生きる2人に胸を打たれる さて、今回紹介するのは、インディーパブリッシャーCh…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る