バンゲリング帝国作品の1つ「チョップリフター」!

ロードランナーバンゲリングベイと一緒に3部作と呼ばれる「チョップリフター」。アーケード版からファミコンに移植されたのだが、安全地帯がない、燃料切れでゲームオーバーなど難易度がかなり高いため、チョップリフターは批判的な意見が多い。

チョップリフターチョップリフターでは、ヘリコプターのホークZを操作してバンゲリング帝国の収容所を破壊し、捕虜をどんどん救出して基地まで送り届けるのが目的のゲーム。操縦は加速と減速が少しずつ行われるので、なんともいえない独特な感じがある。64人いる捕虜を何回も往復して基地に返していきます。

チョップリフターチョップリフターの、この捕虜を連れ帰るのがとにかく鬼畜。ヘリコプターの攻撃でも死んでしまう。さらに救出するときに、踏み潰して殺してしまうこともある。チョップリフターは難しいだけでなく、なんとも救われない気持ちになってしまう。もちろんあえて味方を全滅させるという遊び方もチョップリフターではできる。チョップリフターは、少しリアリティを追求しすぎてゲームとしての面白みがなくなってしまっている気がする作品。

ちなみに、1979年に起きたイランアメリカ大使館人質事件で米軍のヘリコプターを突入させ失敗してしまったイーグルクロー作戦を元に、チョップリフターのゲームを制作したと言われています。

タイトル チョップリフター
メーカー ジャレコ
対応機種 ファミコン
ジャンル シューティングゲーム
発売日 1986年6月26日
価格 4900円
プレイ人数 1人

画像引用元
[https://www.youtube.com/watch?v=rWJU-Dv2R2o]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-5-6

    『Eastward』緩やかに滅びゆく世界を冒険するアクションRPG

    限られた時間を精一杯生きる2人に胸を打たれる さて、今回紹介するのは、インディーパブリッシャーCh…
  2. 2018-5-17

    『Death’s Gambit』戦闘をダイナミックに描く2Dアクション

    ダークソウルやデモンズソウルから影響を受けたアクションゲーム さて、今回紹介するのはインディースタ…
  3. 2018-3-12

    「メイドインワリオ ゴージャス」おバカで中毒性の高いミニゲームが300種類収録!

    超手軽すぎるアクションミニゲームの集大成が登場! 当時タッチ機能を活かしたミニゲーム集として話題を…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る