ここから伝説が始まった『ぼくのなつやすみ1』

大人だからこそ泣けるゲーム

『ぼくのなつやすみ』は2000年6月22日にソニー・コンピュータエンタテインメントから発売されたPlayStation用ゲームソフトで、ぼくなつシリーズの中でも個人的に一番好きなゲームです。本作『ぼくのなつやすみ1』は、そのタイトルの通り「ぼくくん」を操作して夏休みを満喫するというゲームになっています。

ゲームの舞台が1975年(昭和50年)の田舎の村で、”THE 夏”って感じの夏休みを送ることが出来ます。ぼくなつシリーズ共通しているのが、田舎が舞台ということですが、本作は特に田舎を感じることが出来、夏特有の生ぬるい空気感を楽しむことが出来ます。
ぼくのなつやすみ 3

ぼくのなつやすみ 4

ぼくのなつやすみ 5本作『ぼくのなつやすみ1』では、海で泳いだりすることは出来ませんが、それ以外の娯楽がかなり充実しています。凧揚げをすることが出来たり、釣りで川の魚を釣ることが出来たり、ホタルを見ることが出来たり、山に登ったり、虫相撲をしたりなど、コンテンツがかなり豊富です。「ただ、ひたすら遊ぶ」だけじゃなく、考えさせられるようなサイドストーリーなども用意されているので、子供から大人まで楽しむことが出来るゲームになっています。

ぼくのなつやすみ 1さらに本作『ぼくのなつやすみ1』のいいところといえば、そのBGMの良さ。ノスタルジーを肌で感じることが出来るだけじゃなく、場面場面でベストマッチな音楽が流れてくるので、さらに良い雰囲気でゲームを楽しむことが出来るんですよね。正直音楽に助けられているなという部分も結構ありますが、それでもぼくなつシリーズで一番いい作品だと思います。

少年時代を忘れてしまった大人たち、現在夏を思い切り楽しんでいる子どもたち、両者ともかなり楽しむことが出来ると思います。僕はこの『ぼくのなつやすみ1』をプレイして、青春時代を思い出してめちゃくちゃ泣きました。そういう楽しみ方もありかと思います。

タイトル ぼくのなつやすみ
メーカー ソニー
対応機種 PS
ジャンル アドベンチャー
発売日 2000年6月22日
価格 2000円
プレイ人数 1人

画像引用元
[https://www.youtube.com/watch?v=uo5tztlB8AE]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2016-12-5

    ついに発表!『The Last of Us Part Ⅱ』憎しみを描いたシリーズ最新作は成長したエリーが主役。

    世界中を震わせた超名作ゲームの続編がきた 我々ゲームユーザーにとっては本当に嬉しいお知らせなのです…
  2. 2018-6-16

    「Fallout 76」爆弾が投下されて25年、終末戦争後のアメリカへと一歩踏み出すRPG

    未だかつてないオープンワールドRPGのマルチプレイを体験しよう  Bethesda Game …
  3. 2018-7-8

    「隻狼-SEKIRO:SHADOWS DIE TWICE」ダークで和風な侍アクションゲームがフロムソフトウェアから登場!

    ダークファンタジーな戦国時代の忍びの戦いを描くアクションゲーム  「隻狼-SEKIRO:SHA…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る