『ぼくのなつやすみ2 海の冒険篇』で青い海、高い空、川のせせらぎ、存分に夏休みを楽しもう!

史上最高の鬱ゲー

今回紹介するゲーム『ぼくのなつやすみ2 海の冒険篇』は、ミレニアムキッチンが制作しソニー・コンピュータエンタテインメントから2002年7月11日に発売されたPS2用ゲームソフトです。僕もつい最近「ぼくなつ熱」に感染してしまい、またプレイしていました。夏が近いせいですかね。最高の鬱ゲーでしたね。「ああ、夏だ…」「もうあの頃には戻れない…」と夏を体全体で感じては、ノスタルジーに浸り、鬱状態になるという大変な状態になっていました。

ぼくのなつやすみ2 海の冒険篇 1

ぼくのなつやすみ2 海の冒険篇 2本作『ぼくのなつやすみ2 海の冒険篇』は、数あるぼくなつシリーズの中でもかなりの良作じゃないでしょうか。というかぼくなつシリーズはどれもこれも面白いですよね。全部紹介していけたらなと思っています。『ぼくのなつやすみ2 海の冒険篇』は、前作「ぼくのなつやすみ」に比べて、海を泳げたり、サイダーの王冠を見つけたり、下宿先で駄菓子を買えたりする要素が新たに追加されています。

ぼくのなつやすみ2 海の冒険篇 4キャッチフレーズである「今は、もうどこにもない、あの海を。」の言葉通り、広大で青く透き通る海を泳ぎまわることが出来ます。さらにちょっぴり恋愛要素もあるかも?下宿先である民家に来訪してくる様々なお客さん達が繰り広げる、笑いありシリアスありな物語はちょぴっとだけ涙腺を刺激してきます。女の子と一緒にお風呂に入ったりすることも出来るのが、個人的にドキドキしました。

ぼくのなつやすみ2 海の冒険篇 6

ぼくのなつやすみ2 海の冒険篇 5子供にとっては神ゲー、僕ら大人にとっては鬱ゲーと変貌する本作『ぼくのなつやすみ2 海の冒険篇』ですが、夏を思い出したい人や夏休みをもっと楽しみたい人、ノスタルジーに浸りたい人などにはかなりおすすめのゲームです。セミの鳴き声、川のせせらぎ、夏の夕暮れ、海辺の街、虫取り、ラジオ体操、最高の夏休みを送れることは間違いないです。

タイトル ぼくのなつやすみ2 海の冒険篇
メーカー ソニー・コンピュータエンタテインメント
対応機種 PS2
ジャンル なつやすみアドベンチャー
発売日 2002年7月11日
価格 1800円
プレイ人数 1人

画像引用元
[http://www.jp.playstation.com/software/title/
scps19303.html]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2017-6-14

    「ヨッシー クラフトワールド」表と裏があるペーパークラフトの世界を大冒険するアクション!

    温かみのある紙でできた世界を歩くアクションゲーム! 2017 E3でヨッシーのゲームがNint…
  2. 2017-6-14

    「メトロイドプライム4」探索と謎解きが重視されたFPS

    原点に立ち返った期待の探索型シューティングゲーム 「メトロイドプライム4」は、2017 E3にて少…
  3. 2017-10-24

    『真・女神転生V』Nintendo Switch発売のメガテン最新作となるRPG

    カルト的人気を誇る悪魔をテーマにしたシリーズ最新作(2018年) 人気RPG真・女神転生シ…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る