闇に潜みし屍をなぎ払い最果てを目指せ「ブラッドボーン」

暗闇に潜む屍を超えて最果てを目指せ!

大人気シリーズ「ダークソウル」を手掛けるフロム・ソフトウェアの最新作、ブラッドボーン。新しい伝説が今ここに始まる。

難易度が高く、油断をすれば即ゲームオーバー

ストーリーはあるものの、それに縛られることはなく非常に高い自由度の中ゲームを遊ぶことが出来る。
それに加えてやりごたえのあるゲーム性、敵キャラが強いので下手に突っ込むとすぐにやられてしまう。
しっかりルートを確認して、足音を殺して忍び寄り、敵を殲滅する。それがこのゲームの醍醐味だ。武器や防具、アイテムなどを揃えてより強い敵に挑んでみよう。

ダークソウルシリーズとの違い

ソウルシリーズと比較して、ブラッドボーンは非常に難易度が落ちていると言っても良い。ライトユーザーでも気軽にプレイできるのだが、油断しているとすぐに足元をすくわれてしまう。
しかしながら、やりこみ要素は満載である。ストーリーをクリアした後でも長い間楽しむことが出来ると言っていいだろう。
「とにかく迫力があってやりこみ要素のあるゲームをやりたい」というユーザーにはとことんお勧めのゲームだ!

強力なモブ敵と大迫力のボス戦


大体ゲームといえば、ボスは強くて当たり前なのだが、このゲームに関しては「とにかくモブキャラが強い」のが魅力である。
ボスばかり見ていてはモブ敵にすぐさまやられてしまうので、そのへんもしっかりと体力の管理など気をつけなければいけない。
しつこいくらいに追い掛け回してくるモブ敵の中を抜けたら、大迫力のボス戦が待っている。
ブラッドボーンには沢山のボスが存在しており、そしてそのどれもが非常に強力な敵となっている。
大迫力の中、大型のボスを倒せた時の爽快感は計り知れない!!
アクションゲームが好きな人には是非おすすめのゲームである!

タイトル ブラッドボーン
メーカー フロム・ソフトウェア
対応機種 PS4
ジャンル アクションRPG
発売日 2015年3月26日
価格 5900円
プレイ人数 1人~5人

画像引用元
[http://sakiya.blog.shinobi.jp/bloodborne/]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめゲーム

  1. 怖い街を夜廻(よまわり)するホラーゲーム 「夜廻」は日本一ソフトウェアから2015年に発売されたホ…
  2. オフィスで不満爆発した男が破壊神となる 「Office FreakOut」は、ハルク並?な怪力でパ…
  3. 完全オリジナルストーリーでRewriteがスマホ無料ゲームアプリに登場 ビジュアルアーツより、スマ…
  4. 無料だと思ってあなどるべからず!「cry of fear」 「cry of fear」は無料のホラ…
  5. PS2で発売されたメタルマックスシリーズ 名前は違いますが、伝説のRPGゲーム「メタルマックスシリ…
  6. 『DEMENTO』古城に幽閉された少女と犬は力を合わせて脱出を図る! 『DEMENTO』は2005…
  7. フォトカノのテーマは”写真” フォトカノは「写真をテーマにした唯一の恋愛シミュレーションゲーム」だ…

注目のゲーム

  1. 2017-11-3

    『Call of Duty WWⅡ』第二次世界大戦を舞台にした待望のFPS

    誰もが待ち望んだゲームシリーズCall of Dutyの最新作(2017年)が登場! Activi…
  2. 2017-8-31

    「世界樹と不思議なダンジョン2」終わりなきローグライクに再び挑め!

    このRPGであなたは何回遊ぶだろうか 「世界樹と不思議なダンジョン2」は前作の世界樹と不思議なダン…
  3. 2017-6-13

    「マリオ+ラビッツ キングダムバトル」まさかのコラボが実現したシミュレーションゲーム

    おバカで?!はちゃめちゃ?!なシミュレーションアドベンチャー! 「マリオ+ラビッツ キングダムバト…
  4. 2017-6-14

    「星のカービィ for Nintendoswitch(仮称)」4人で楽しめる!ゆるかわなアクションゲームがやってくる!

    カービィもswitchで発売決定!王道なアクションを楽しもう! 2017 E3で星のカービィがNi…
  5. 2017-6-14

    「ヨッシー for Nintendoswitch(仮称)」表と裏があるペーパークラフトの世界を大冒険!

    温かみのある紙でできた世界を歩くアクションゲーム! 2017 E3でヨッシーのゲームがNinten…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る