「BLEED2」最強のヒーローの座を若手に譲らないためにぶっ飛ばす痛快アクションゲーム

 めちゃくちゃスピーディ&スローリーなアクションでブッ飛んだヒロインが再び暴れる!

「BLEED2」はBLEEDの続編となるゲームで、超爽快なガンシューティングアクションゲームとなっています。ゲーム自体もめちゃめちゃですが、ヒロインもめちゃめちゃなので、相対的にめちゃめちゃなゲームで面白いです。

最強の座に君臨するのは私だ!

前作では、最強のゲームヒーローになりたいと思っていたヒロインが「なら他のヒーロー全員殺しちゃえば私一番じゃん」というわけで、現役のヒーローや引退したレジェンドヒーローを襲撃しました。

「BLEED2」では、その結果最強の座に君臨することができたわけですが、地球中のテレビでライブ放送されまくったため、放送を見ていた若手のヒーローたちが王座を奪いにくるというストーリーが展開されます。というわけで、次々現れる若い芽を摘み取り、再び自分が最強だと世界に知らしめてやりましょう。

ハイスピード×スローリーなアクション

「BLEED2」はかなり爽快でスピード感あふれる横スクロールアクションゲームなのですが、時間の流れをゆっくりにさせることができるというシステムが搭載されています。この時間をコントロールすることによって、ハイスピードな中に非常にスローな瞬間が生まれ緩急のついたアクションを楽しむことができます。

この時間をゆっくりにするシステムを使いこなせないことには「BLEED2」のゲーム攻略はほぼ不可能なので、最も大事なゲーム要素でありコアとなっている部分です。

空中を自由自在に動き回れる3段ブーストジャンプの存在によって、ステージを本当に縦横無尽に動き回ることができるのも非常に爽快。

無数に飛び交う弾丸の中を舞う姿はもはや弾幕シューティングを思わせるほど激しいです。「BLEED2」では避けるだけでなく、カウンター要素があり、敵弾を近接攻撃することで跳ね返すことができます。そのためかなり攻撃的なアクションで攻めまくるというドSプレイが楽しめます。ゲーム自体は難易度が高いのでドMゲームですがね。

Co-opで2人プレイモードを収録

「BLEED2」にはアーケードモード、同時に3体のボスと戦うチャレンジモード、どこまで挑めるか挑戦するエンドレスモードという3つのモードが用意されています。これらのモードは全てローカルCo-opで2人プレイ可能となっているので、「BLEED2」は1人でじっくり遊んでもいいですし、誰かと協力して遊んでもいいという嬉しい内容になっています。

BLEED2になりゲームを遊びやすいように改良

「BLEED2」では新しい敵やステージ以外にゲームシステム面が一部遊びやすいように改良されています。キャラクターの声やアニメが大幅に追加され、デュアルハンドガンによるコンボも追加されています。カウンターで跳ね返すことができる弾は色分けしていて一目瞭然、3段ブーストジャンプはドッジパターンの選択によって戦術的な要素となっています。アップグレードを買って強化するのではなく、モードクリアによってアンロックされていくシステムとなり、プレイアブルキャラクターなども追加されています。

BLEED2の発売日はいつ?

「BLEED」は2017年2月9日にSteamで配信されています。海外ゲームであり日本語ローカライズは2018年現在されていませんが、アクション強めで演出によって物語は把握できるのでそこまで問題ないと思います。とにかく「BLEED2」はアクションゲーム好き、特に2Dアクション好きには超おすすめできるゲームです。


タイトル BLEED2
メーカー Ian Campbell
対応機種 NintendoSwitch/Steam
ジャンル アクションゲーム
発売日 2017年2月9日
価格 980円
プレイ人数 1人~2人

画像引用元:

[http://store.steampowered.com/app/396350/Bleed_2/]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-3-9

    「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」Nintendoswitchにあの神ゲー対戦アクションが登場決定!

    スマブラ最新作が発売決定!どのような新要素が組み込まれたゲームになるのか!?  Nintend…
  2. 2018-8-9

    「Just Cause 4(ジャストコーズ4)」ド派手かつカオスな迫力満点のアクションアドベンチャー

    このオープンワールドの世界で好き放題大暴れしよう!  Avalanche Studiosがゲー…
  3. 2018-4-22

    『CLOSED NIGHTMARE(クローズド・ナイトメア)』閉鎖空間を徘徊する実写ホラーアドベンチャーゲーム

    まるでホラー映画のようなシネマティックアドベンチャーゲーム さて、今回紹介するのは日本一ソフトウェ…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る