対戦格闘ゲームの新星『BLAZBLUE CENTRALFICTION』

2D対戦格闘ゲームの醍醐味を存分に堪能しよう!

今回紹介するゲーム『BLAZBLUE CENTRALFICTION』は、アークシステムワークスより2016年10月6日に発売が予定されているPlaystation4/Playstation3専用の対戦格闘ゲームとなっております。

すでにアーケードでのサービスが始まっており、いま格闘ゲーマーの間で人気になりつつあるゲームです。今回発売されるコンシューマー版では、新たなキャラクターが追加されるようで、ゲームへの期待が高まります。果たしてどのような戦いを見せてくれるのか、見ものですね。

BLAZBLUE CENTRALFICTION 2

BLAZBLUE CENTRALFICTION 5本作『BLAZBLUE CENTRALFICTION』はシリーズ独自のゲームシステムである「ドライブ」や「オーバードライブ」が魅力ですが、本作からまた新たな要素が追加されているようです。オーバードライブ時にのみ発動することができる超必殺技”エクシードアクセル”や、ヒートゲージを使うなど積極的な行動をとることで発動し攻撃力アップなどのボーナスが得られる「アクティブフロウ」など、また遊び方に幅がでるようになりました。

BLAZBLUE CENTRALFICTION 3

BLAZBLUE CENTRALFICTION 6さらに本作『BLAZBLUE CENTRALFICTION』の魅力として、アーケードモードが挙げられます。アーケードモードでは、個別キャラクターのシナリオをクリアしていきながらコンピューターとの対戦を楽しむことができます。なんと、そのボリュームは前作の3倍以上になっており、物語をより楽しむことができるゲームになっています。

BLAZBLUE CENTRALFICTION 8BLAZBLUE CENTRALFICTION 9
そして気になるゲームのオープニングテーマですが、なんと担当があのKOTOKOさん。まさにBLAZBLUEへの楽曲提供は6年ぶりとなっており、そちらの方も期待が高まります。オープニングテーマ「TRUE-BLUE」をKOTOKOさんが担当し、エンディングテーマである「BLAZBLUE ~蒼光-ヒカリ-の向こうへ~」はFaylanさんが担当するようです。

BLAZBLUE CENTRALFICTION 1

新たに追加されたゲームキャラクターは、ナオト=クロガネ、ヒビキ=コハク、ナイン=ザ=ファントム、イザナミの4名。アーケード版で活躍を見せていた彼らをどう操作するかはプレイヤー次第、自分の好きなキャラクター、好きなプレイスタイルを見つけて戦いをゲームで存分に楽しみましょう!

新プレイアブルキャラクター”Es”登場!

『BLAZBLUE CENTRALFICTION』の新プレイアブルキャラクターである「Es」のゲーム情報が公開されました。かつて「XBLAZE」シリーズのヒロインを務めていた彼女ですが、本作『BLAZBLUE CENTRALFICTION』では一体どのようなプレイを見せてくれるのでしょうか。

■「Es」プロフィール

ブレイズブルー名前 Es(エス):CV 野村 真悠華
……私はEs。『エンブリオ・ストレージ」。蒼の門の守護者であり……『調停者』です。

  • 身長 149cm
  • 体重 38kg
  • 誕生日 10月15日
  • 血液型 不明
  • 出身地 不明
  • 趣味 情報検索
  • 好きなもの プリン(記憶では)
  • 嫌いなもの 茶碗蒸し(プリンでは無かったから)
  • ドライブ名 クレストアーツ

やはりいつ見ても可愛いですね。身長は149cmと小柄ですが、この子がかなり強者であるとのこと。「Es」は本作『BLAZBLUE CENTRALFICTION』においてプレイアブルキャラクターという立場ですが、さらに各キャラクターごとのシナリオにもEsのエピソードが追加されているようで、ファンからするとかなり嬉しいお知らせであることは間違いないです。

「ランスロット」や「ブルーノ」を駆使して超スタンダードなEsを使いこなしましょう!

新モード「グリムオブアビスモード」!

『BLAZBLUE CENTRALFICTION』の新モードである「グリムオブアビスモード」の詳細が公開されました。今回公開された「グリムオブアビスモード」は、やりこみ要素の強い一人用モードとして確固たる人気を得ていた「アビスモード」のリニューアルバージョンとなっており、ファンたちの間で今話題になっているモードです。

グリムオブアビスモード 1どうやら、この「グリムオブアビスモード」は「魔道書」や「スキル」でキャラクターを強化しながらダンジョンステージ踏破を目指していく、 勝ち抜き制のサバイバル形式のモードになっているようです。

さらに「負けたら終わり」のハラハラドキドキのサバイバル要素はそのままに、キャラクターの育成が楽しめる「魔道工房」などの新システムが搭載されているとのこと。

グリムオブアビスモード 2魔道工房で魔道書を強化しながら、強敵ばかりが存在している最難関ダンジョンをクリアすることが目標の本モードですが、かなりいい感じにリニューアルされており、やりこみ好きにはたまらないモードになっています。

「魔道書」や「スキル」は相手を倒すことで入手することが可能なので、積極的に取りに行きたいところですね。さらにダンジョンごとにドロップアイテムの性能に違いがあるので、そこをしっかりと考慮したうえで立ち回りたいところです。

タイトル BLAZBLUE CENTRALFICTION
メーカー アークシステムワークス
対応機種 PS3/PS4
ジャンル 対戦格闘
発売日 2016年10月6日
価格 未定
プレイ人数 未定

画像引用元
[http://www.4gamer.net/games/
341/G034109/20160422045/]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-8-10

    「JUMP FORCE」リアルすぎるジャンプキャラ総出の対戦アクションゲーム

    多くのジャンプ漫画のキャラクターが集う創刊50年を記念したゲーム  日本の漫画雑誌で多くの少年…
  2. 2018-5-15

    「妖怪ウォッチ4」超怖くなったシャドウサイドとして超進化を遂げたゲーム

    シャドウサイドの世界で展開するまったく新しいゲームの妖怪ウォッチ 多くのシリーズを発売し社会現象に…
  3. 2018-5-25

    『Battlefield V』自分の部隊を作り第二次世界大戦を勝ち抜くFPS

    緊迫感溢れる戦場をダイナミックに描いたシリーズ最新作(2018年) さて、今回紹介するのはElec…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る