『BLACK BIRD』不吉な黒い鳥になって人間たちを襲うシューティングゲーム

皮肉めいたダークさを感じるOnion Gamesの2018年新作ゲーム

さて、今回紹介するのはインディースタジオOnion Gamesより発売が予定されているシューティングゲームの『BLACK BIRD』。対応プラットフォームはNintendo Switch/PC(Steam)となっている。

本作『BLACK BIRD』は、今にも泣き出しそうな黒い鳥を操作し、街にいる人間たちを攻撃するというゲーム。「みんなの命を食べにくる」という不気味極まりない文言が気になるが、どうやらこの黒い鳥はかつて人間に虐げられた少女の成れの果てだという。日本昔話や童話のような残酷なテイストで終始ダークな雰囲気の中を進んでいくゲームだが、果たしてゲームプレイを通じて何を知ることが出来るのか。今とても気になっているタイトルの1つだ。

黒い鳥の正体はかつて人間だった少女?

上記でも紹介したが、本作『BLACK BIRD』の主人公であるブラックバード、つまり人々を襲う黒い鳥は、かつて少女だったものだという。ご飯も食べられないほど貧乏だった少女は、街角で行き倒れてしまうが、周りの人たちは見て見ぬふりばかりで誰も助けてくれない。そんな背景から、とある理由で卵になってしまい、人間を襲う黒い鳥として生まれ変わったという。

なぜ黒い鳥になってしまったのか、なぜ人々を襲うのか、そのへんが本作『BLACK BIRD』のストーリーの要となっているらしく、進めていくことで徐々に解き明かされていくことになるとのこと。

右にも左にも移動できる”筒状”のステージ

本作『BLACK BIRD』では、ステージが循環するシューティングを楽しむことが出来る。通常、2Dシューティングゲームは右へ右へと画面が進んでいくスクロール系が基本であるが、本作『BLACK BIRD』では左右に自由に行き来することが出来るという。もちろんプレイヤーは黒い鳥を操作し、人々を貪り食べていくことになる。本作『BLACK BIRD』における”黒い鳥”の概念は、我々人間で言えばいわゆる”自然災害”のようなものとなっているらしい。一風変わったプレイングが出来るシューティングゲームだと感じさせてくれる。

『BLACK BIRD』の評価・レビュー

戦闘機などを扱うシューティングゲームが多い中、こういった違う角度で攻めるものは珍しいと思う。ゲームシステムにおいては変化球気味であるものの強烈な個性は感じないが、何と言ってもストーリー背景の魅力が素晴らしく魔力めいたものを感じる。世間に見放された少女が黒い鳥に姿を変え人々に危害を与える、しかも自然災害扱いというところに、人間の温情といったテーマ性を強く感じてしまった。本作『BLACK BIRD』は、ゲームシステムよりもそういった設定やストーリーに興味を惹かれた人に特におすすめしたい。残酷なグリム童話とか怖い日本昔話とかが好きだったらドンピシャだろう。

『BLACK BIRD』の発売日はいつ?

本作『BLACK BIRD』の発売日は現在未定となっている。

タイトル BLACK BIRD
メーカー Onion Games
対応機種 Nintendo Switch
PC(steam)
ジャンル シューティングゲーム
発売日 未定
価格 未定
プレイ人数 未定

画像引用元
[https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=TR9u9bz_iPU]
[http://oniongames.jp/blackbird/]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2016-12-7

    『ファイナルファンタジーⅦ リメイク』伝説の神ゲー完全復活!

    あの神ゲーがフルリメイクされPS4でゲームが発売! ソニーコンピューターエンターテイメントから、伝…
  2. 2017-8-7

    『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』シリーズ30周年を祝うサウンドボックスゲーム第二弾

    ブロックメイクRPG”ドラゴンクエストビルダーズ”の期待の続編ゲームが登場! 東京ビッグサイトで開…
  3. 2018-4-22

    『CLOSED NIGHTMARE(クローズド・ナイトメア)』閉鎖空間を徘徊する実写ホラーアドベンチャーゲーム

    まるでホラー映画のようなシネマティックアドベンチャーゲーム さて、今回紹介するのは日本一ソフトウェ…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る