パートナーと協力して戦え!「バイオハザード5」

バイオハザード4を継承した爽快なアクションゲーム!

バイオハザード5 ゲーム ホラーバイオハザードシリーズのナンバリングタイトル第5作目!
よりアクション性に特化したゲームに!

「バイオハザード5」ストーリー

アメリカ中西部のラクーンシティで起きたバイオハザードから11年後。事件の黒幕である多国籍企業「アンブレラ」が失墜した後、その生物兵器はテロ組織の手に渡り、悪用されていた。テロを抑えるため私設対バイオテロ部隊を国連直轄組織「B.S.A.A.」として再編成した。その部隊員の1人、クリス・レッドフィールドは生物兵器の闇取引があるとして、アフリカ西部の街キジュジュ自治区を訪れていた。現地で合流したパートナー、シェバ・アローマとともに行動を開始する。しかし、村の住民はすでに生物兵器プラーガに感染し、マジニという怪物になっていた。

「バイオハザード5」のゲームシステム

バイオハザード5 ゲーム ホラー基本的にはバイオハザード4のゲームシステムを踏襲したビハインドカメラにエイミング操作のTPSのようなゲームシステムになっています。
主人公はクリス・レッドフィールドとシェバ・アローマの二人で、常に協力し合いながら行動します。

パートナーとの協力プレイ!

本作「バイオハザード5」のテーマは、パートナーとの協力!
パートナーとの協力プレイがところどころに盛り込まれています。
前作「バイオハザード4」よりも体術が増加し、2人で繰り出す体術も登場し爽快なアクションが増えました!

良くも悪くもアクションゲーム

バイオハザード4同様、登場する敵はゾンビではありません。
また本作の舞台は昼間が多くホラー演出はほぼ皆無、怪物が出てきてもそんなに怖くないゲーム内容になっています。
そのためやはり従来のバイオハザードファンからは評価が低いです。
これはシステムが一新された節目となったバイオハザード4にもいえることですが、前作は少なからずホラー要素が盛り込まれていました。
惜しくもホラー要素が欠けた「バイオハザード4」の二番煎じという印象に。
しかしアクションの爽快さから、バイオハザードということを意識せずにプレイすれば十分楽しめると思います。

タイトル バイオハザード5
メーカー 任天堂
対応機種 PS3
Xbox360
ジャンル アクション
発売日 2009年3月5日(金)
価格 8,800円
プレイ人数 1人〜

画像引用元
[https://www.youtube.com/watch?v=4TDlahq
ll_Y&list=PL4fd59i0eA3WouL8pZO00ugrK5XMfEruz]

[http://www.v3wall.com/ja/html/pic_down/1440
_900/pic_down_1237_1440_900.html]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-5-25

    『Battlefield V』自分の部隊を作り第二次世界大戦を勝ち抜くFPS

    緊迫感溢れる戦場をダイナミックに描いたシリーズ最新作(2018年) さて、今回紹介するのはElec…
  2. 2018-3-9

    「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」Nintendoswitchにあの神ゲー対戦アクションが登場決定!

    スマブラ最新作が発売決定!どのような新要素が組み込まれたゲームになるのか!?  Nintend…
  3. 2018-5-15

    「妖怪ウォッチ4」超怖くなったシャドウサイドとして超進化を遂げたゲーム

    シャドウサイドの世界で展開するまったく新しいゲームの妖怪ウォッチ 多くのシリーズを発売し社会現象に…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る