フルモデルチェンジを遂げたバイオハザード!

バイオハザード4 ホラー ゲームフルモデルチェンジをテーマとして掲げ、従来のバイオハザードシリーズとは異なるゲームシステムを採用しました。
本作でのゲームシステムは後の作品に継承されることに。

「バイオハザード4」のストーリー

1998年に発生したラクーンシティ消滅から6年後の2004年秋。事件の生き残りの1人であるレオン・S・ケネディは合衆国エージェントとして日々鍛錬の日々を送っていた。大統領の娘アシュリーが何者かに誘拐され、その調査のため単身ヨーロッパへ飛び立つ。わずかな情報を便りにさびれた村にたどり着いたレオンは、村の住民に聞きこみ調査をしたが、大した返答は返ってこなかった。しかしレオンが去ろうとした瞬間、いきなり村人が襲いかかってきた。6年前の惨劇がレオンの頭をよぎる。

TPSのバイオハザード!

バイオハザード4 ホラー ゲームバイオハザード4 ゲーム ホラー従来のバイオハザードとは違い、かなりアクションゲームとしての傾向が強まりました。

アクション:プレイヤーは段差を飛び越えたり、決められた物を破壊することができ、さらには敵に蹴りを入れることも可能です。銃撃は狙いを定めることができるエイミング操作ができ、シューティングのように楽しめます。バイオハザードにおけるアクションの不自由さは恐怖感を煽る一つの要素でもあり、これは賛否両論に。

ビハインドカメラ:固定カメラ切替から、プレイヤーの背後を追従するビハインドカメラを採用。

限られたアイテムを拾いながら、銃とナイフでしのぎを削るサバイバルホラーの要素はほぼなくなりました。
TPS(サード・パーソン・シューティング)として一新させたまったく新しいバイオハザードです!

シリーズの中でも人気が高いホラーゲーム「バイオハザード4」

バイオハザードとしてプレイするとあまりの変わり様に困惑してしまうことがあると思います。
バイオハザードのストーリーを引き継いだ異なるホラーゲームとしてプレイしたほうがいいですね。
バイオハザードならではの要素がかなり減少しましたが、従来通りの暗いホラーな世界観はそのままに、その爽快なアクションが評価され、バイオハザードファンはもちろん、それ以外の人も虜にし、バイオハザードシリーズの中でも人気なゲームの1つとなりました!

タイトル バイオハザード4
メーカー カプコン
対応機種 ニンテンドーゲームキューブ
PS2
ニンテンドーWii
ジャンル ホラー
発売日 2005年1月27日(ニンテンドーゲームキューブ)
2007年12月1日(PS2)
2007年5月31日(ニンテンドーWii)
価格 8,190円
プレイ人数 1人

画像引用元
[https://www.youtube.com/watch?v=hAnCD8h5d
O4&list=PLHg_SqcbJUdiUPDQP7NblJvJqhHpooJN7]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2017-6-14

    「メトロイドプライム4」探索と謎解きが重視されたFPS

    原点に立ち返った期待の探索型シューティングゲーム 「メトロイドプライム4」は、2017 E3にて少…
  2. 2017-6-14

    「ヨッシー クラフトワールド」表と裏があるペーパークラフトの世界を大冒険するアクション!

    温かみのある紙でできた世界を歩くアクションゲーム! 2017 E3でヨッシーのゲームがNint…
  3. 2018-7-8

    「隻狼-SEKIRO:SHADOWS DIE TWICE」ダークで和風な侍アクションゲームがフロムソフトウェアから登場!

    ダークファンタジーな戦国時代の忍びの戦いを描くアクションゲーム  「隻狼-SEKIRO:SHA…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る