「バイオハザード7 レジデント イービル クラウドバージョン」無料で最高のホラーゲームをプレイできるクラウド版

洗練されたグラフィックと演出が恐怖心を煽るホラーゲームがNintendoswitchで無料プレイできる

「BIOHAZARD 7 resident evil cloud version(バイオハザード7 レジデント イービル クラウドバージョン)」は、2017年1月26日に発売されたバイオハザードシリーズをNintendoswitch向けに発売したクラウド型のゲーム。バイオハザード7は、アクション要素が非常に強かった今までのシリーズとは打って変わって、ホラー要素をかなり強調したゲームになっています。シリーズ屈指の恐怖を体験できるホラーゲームと間違いなく言えるでしょう。

バイオハザード7ってどんなゲーム?

3年前に消息を絶った妻から届いた一通のメール。
導かれるまま主人公=イーサン・ウィンターズは遠くルイジアナへと自動車を走らせ、荒れた邸にたどりつく。
妻の痕跡を求め、異様な気配が漂う邸内を捜索するが、突然何者かの襲撃を受け、意識を失ってしまう…。
目覚めたイーサンを待っていたのは、狂気で満たされた邸の住人ベイカー一家だった。

サバイバルホラーを主軸にゲームが作られていて、恐怖を始め、戦闘や探索やアイテム管理といった4つのゲーム要素を上手く組み合わせています。新たなエンジンであるRE ENGINEと視点アイソレートビューによって、かなり革新的なホラーゲームとなっています。とにかく空気中のホコリなどの細かく描き出され、主観プレイによって臨場感が増して、ゲームの世界への没入感がハンパないことに・・・このゲームが怖くないわけがない!

クラウドサービスにより、すぐに無料でゲームが開始できる

まず魅力的となるのが、無料でダウンロードしてすぐに「BIOHAZARD 7 resident evil cloud version(バイオハザード7 レジデント イービル クラウドバージョン)」を遊べてしまうというところ。ただ、無料と言っても一定時間だけで、その後は利用券を購入することでプレイが続行できるという仕組みになっているので注意。とりあえず、どんなゲームなのか触れることができるので、どれほど怖いゲームなのか気になっている人はプレイしてみましょう。

そして、この体験時間はなんとたったの15分だけ!すごく短いですが、180日利用券を2000円で購入することでその後も遊ぶことができます。個人的にゲーム自体買うよりも安いかなと思います。

本編だけでなく追加エピソードも収録

「BIOHAZARD 7 resident evil cloud version(バイオハザード7 レジデント イービル クラウドバージョン)」で嬉しいのが、ゲーム本編が全部遊べてしまうのはもちろんのこと、クリス・レッドフィールドが登場し活躍する物語を描いた「Not A Hero」、エピローグとなっている「Wnd of Zoe」といった全ての追加コンテンツが収録されています。

基本的に一人称視点で廃屋などを歩き回りながら謎を解明していくという、流行しているタイプのホラーゲームですが、銃による怪物とのアクションやアイテムを使った謎解きなどバイオハザードらしさが詰まっています。そして、クリスなどの歴代登場キャラクターのエピソードも詰まっているので、180日の2000円はコスパ良好なんじゃないでしょうか。

BIOHAZARD 7 resident evil cloud version(バイオハザード7 レジデント イービル クラウドバージョン)の評価・レビュー

ゲームもかなり手軽に遊べるようになってきましたね。映画をストリーミング再生するように、クラウド上で日数が決まっている間だけプレイできるので、ミニマリストには打って付けでしょう。オンラインゲーム以外でクラウドというのも珍しいと思いましたが、今後こういったスタイルのゲームも増えてくるかもしれませんね。ただ、クラウド上でのプレイとなるため、インターネット環境は必須です。Nintendoswitchならではの持ち運びで遊ぶにはデザリングなどをしないといけませんね。

ゲーム自体の変化はなく、Nintendoswitch向けに操作性が追加され直感的なプレイができるようになっているくらいなので、シリーズ屈指とも言われる強烈な恐怖を体験することができます。恐怖・戦闘・探索・アイテム管理の4本柱で作り上げられた新世したサバイバルホラーゲーム、心臓が弱い人以外にはぜひともプレイしてもらいたいところです。

BIOHAZARD 7 resident evil cloud version(バイオハザード7 レジデント イービル クラウドバージョン)の発売日はいつ?

「BIOHAZARD 7 resident evil cloud version(バイオハザード7 レジデント イービル クラウドバージョン)」は、2018年5月24日に配信されることが決定しています。

タイトル BIOHAZARD 7 resident evil cloud version(バイオハザード7 レジデント イービル クラウドバージョン)
メーカー
カプコン
対応機種 Nintendoswitch
ジャンル ホラーゲーム
発売日 2018年5月24日
価格 基本プレイ無料
プレイ人数 1人

画像引用元
[http://www.capcom.co.jp/bh7cloud/]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2017-12-26

    「ベヨネッタ3」美しすぎる魔女が再び!超スタイリッシュアクションゲーム!

    派手に!美しく!華麗に戦うベヨネッタ最新作! アメリカで開催されたTheGameAwards201…
  2. 2017-4-29

    『ザンキゼロ』ダンガンロンパシリーズのスタッフが手がけるRPG。人類滅亡まで残機8人

    退廃的で美しい世界を描くサバイバルRPG スパイク・チュンソフトより、ダンガンロンパシリーズを手掛…
  3. 2018-5-29

    『最悪なる災厄人間に捧ぐ』孤独な透明人間と少年が紡ぐ100万字のノベルアドベンチャーゲーム

    透明人間の少女と、透明人間しか見ることが出来ない少年のADV さて、今回紹介するのはKEMCOより…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る