「Baseball Riot」はた迷惑な地獄のノックが始まるアクションパズル

野球を題材にしたちょっとおバカなアクションパズルゲーム

「Baseball Riot」は、野球なんだけどもスポーツゲームではなくパズルゲーム。注意したいのは野球は飽くまで要素という点。なので、野球ゲームやりてー!と思って「Baseball Riot」をプレイするのはおすすめできません。

カートゥーン調のキャラクターデザインから察することができるように、ふざけた世界観でバカゲーっぽい楽しみ方もできるアクションパズルゲームになってます。

ボールを打って誰かれ構わず撃破する!

「Baseball Riot」は野球という題材でノックをしていくわけですが、場所が野球場じゃなく、そこらへんの街で繰り広げます。なので、グローブを持った野球マン以外にも間の抜けた顔のサラリーマンやイカれてそうなおじいさんなど、ユニークなキャラクターたちがあちこちに配置されてます。ちなみにこれらのキャラクターたちは、引退したスタースラッガーの主人公が不愉快なファンや偏見のある審判、恐怖のキャッチャーなどと認識する奴ららしい。一見はた迷惑なノックだけど、実は世界を救っているのかもしれない。

「Baseball Riot」のゲームシステムは、ボールをバットで打ってステージに配置されている人々にぶつけていくというのがメイン。ここがパズルゲームとしての大きなポイントで、物理計算などによってただ単に打ってもクリアしにくいというところ。ボールは壁にぶつかったりすることで跳ね返るので、反射する角度などを計算に入れて打っていく必要があります。壁、反射、ギミック、敵の配置といった要素をしっかりと把握して絶妙なスラッグで全員をノックアウトしましょう。

ボールをぶつけると豪快にクラッシュしたりするので、ゲームで遊んでいると結構爽快です。

「Baseball Riot」に登城するステージはかなり豊富で100以上も用意されているとのこと。また、ステージにはそれぞれ星が3つ配置されていて、人々を全員倒すだけでなく、やり込んで星も獲得するというのもやりがいがありますね。

Baseball Riotの発売日は?

「Baseball Riot」は2015年12月9日にSteamで発売されました。

海外ゲームで日本語ローカライズされていませんが、ほとんど言葉を必要としないゲームなので問題ないです。

スマホ版では無料で遊ぶことができるので、どんなゲームなのか体験したい場合はそちらで遊んでみるといいと思います。


タイトル Baseball Riot
メーカー 10tons Ltd
対応機種 Nintendoswitch/PS4/Steam/iOS/Android/PC
ジャンル アクションパズルゲーム
発売日 2015年12月9日
価格 無料~498円
プレイ人数 1人

画像引用元:
[http://store.steampowered.com/app/440550/RunGunJumpGun/]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2016-12-7

    『ファイナルファンタジーⅦ リメイク』伝説の神ゲー完全復活!

    あの神ゲーがフルリメイクされPS4でゲームが発売! ソニーコンピューターエンターテイメントから、伝…
  2. 2018-4-22

    『CLOSED NIGHTMARE(クローズド・ナイトメア)』閉鎖空間を徘徊する実写ホラーアドベンチャーゲーム

    まるでホラー映画のようなシネマティックアドベンチャーゲーム さて、今回紹介するのは日本一ソフトウェ…
  3. 2018-5-29

    『最悪なる災厄人間に捧ぐ』孤独な透明人間と少年が紡ぐ100万字のノベルアドベンチャーゲーム

    透明人間の少女と、透明人間しか見ることが出来ない少年のADV さて、今回紹介するのはKEMCOより…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る