王道と見せかけ問題作!「バハムートラグーン」

色んな意味で有名なRPG「バハムートラグーン」

バハムートラグーン ゲーム バハムートラグーン ゲーム「バハムートラグーン」は1996年にスーパーファミコンから発売されたスクウェアのゲーム。通称「バハラグ」。

「バハムートラグーン」はドラゴン育成をメインとしたシミュレーションRPGである。
主人公が悪の帝国から姫と世界を解放するという王道なストーリーだが、強烈なキャラやシナリオによって問題作として挙げられることが多いゲーム。

「バハムートラグーン」のストーリー

バハムートラグーン ゲームラグーンと呼ばれる空に浮かぶ世界「オレルス」。その中の1国「グランベロス帝国」は空を制覇しオレルスの覇者となるべく、他国を征服し始めた。カーナ王国も滅ぼされ、国王は殺害、王女ヨヨも連れ去られてしまった。元カーナ王国戦竜隊隊長であるビュウは「オレルス解放軍」を結成。反乱軍としてグランベロスに征服された国を解放する戦いに身を投じる。

「バハムートラグーン」の特徴

「バハムートラグーン」ではエロネタや下ネタがふんだんに盛り込まれている。
それも爽やかなものではなく、いやらしく陰湿なものが多いため賛否両論。
それが後述する人間関係やキャラの性格と付随するため、ものすごく陰湿なゲームシナリオが多い。

「バハムートラグーン」の強烈な個性のキャラクター

愛憎を渦巻く強烈な性格や人間関係がゲームで織りなされている。
三角関係になっているキャラや密かに肉体関係を持っているキャラなど、ドロドロした昼ドラのような展開がゲームで多く見受けられる。
その中に紛れて主人公に恋愛感情を抱くガチホモじいさんもいるのでお手上げである。

特に強烈なのがスクウェア3大悪女とされるヒロインのヨヨ
主人公のビュウと恋仲だったのにも関わらず、とらわれていた時に世話をしてくれた敵の将軍パルパレオスにあっさり乗り換える。
反乱軍が救出した後も、記憶にないかのようにビュウをあしらう始末。
寝取られたり目の前でイチャイチャされたり精神的につらい行動を容赦なくしてくる。
主人公の乗るサラマンダーに乗った時「とってもはやい!」と感動していたが、パルパレオスのドラゴンに乗った時に吐いた言葉「サラマンダーより、ずっとはやい!」はあまりにも有名。

主人公は反乱軍のリーダーでメンバーにも慕われ、女性にもモテ、次々と国を解放していく名実ともに英雄なのだが、ヨヨのせいで不幸な主人公とされることが多い。
ダンスパーティーでサラマンダーと踊ることから本当のヒロインはサラマンダーといわれている。
強烈なキャラといい、相棒のドラゴンがヒロイン的なのは「ドラッグオンドラグーン」に似ている気もする。

ちなみに主人公とヒロインの名前は変更可能であり、自分と好きな女の子の名前を入れてプレイしてはいけない。より一層キツくなる。ここらへんはスクウェアの罠であろう。

「バハムートラグーン」は個性的で魅力的なゲーム

当時ではトップクラスの美麗グラフィックやハイクオリティなBGMに加え、個性的なシナリオやキャラクターなどたくさんの魅力を持つゲームである。
ドラゴン育成を主軸にしたシミュレーションRPGとしては弱い面も持つが、「バハムートラグーン」はRPGとしての完成度はかなり高いゲーム。


タイトル バハムートラグーン
メーカー スクウェア
対応機種 スーパーファミコン
ジャンル シミュレーションRPG
発売日 1996年2月9日
価格 11,400円
プレイ人数 1人

画像引用元
[https://www.youtube.com/watch?v=0qMWH5k7Gko&list=PLD2KcmHdFf_XVVzV5Ney7viET5UbyV-Hg]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-5-25

    『Battlefield V』自分の部隊を作り第二次世界大戦を勝ち抜くFPS

    緊迫感溢れる戦場をダイナミックに描いたシリーズ最新作(2018年) さて、今回紹介するのはElec…
  2. 2017-10-24

    『真・女神転生V』Nintendo Switch発売のメガテン最新作となるRPG

    カルト的人気を誇る悪魔をテーマにしたシリーズ最新作(2018年) 人気RPG真・女神転生シ…
  3. 2016-2-28

    『キングダムハーツ3』ピアノが導く最果てへの鍵となるアクションRPG

    キングダムハーツ久しぶりのナンバリングタイトルとなるゲームの全容はいかに・・・!? ディズニーキャ…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る