シュールで高難易度「アストロロボSASA」

はっきり言ってクリアできる気がしないゲーム

ファミコンのレトロゲーム「アストロロボSASA」。タイトルを読もうとすると舌を噛んでしまいそう。

敵の攻撃から見を守りながら、ステージに置いてあるエネルギーパックを回収するのが目的のゲームなのだが・・・。この「アストロロボSASA」の操作がめちゃくちゃ難しい。

アストロロボSASAロボットが持っているビームを撃った反動を利用して移動するという「アストロロボSASA」最大のゲームシステムが独特すぎる。そのため、当時の小学生は半べそをかきながらコントローラーを叩きつけたらしい。
この「アストロロボSASA」の操作を簡単に説明すると、右へ行きたければ左にビームを撃つということ。感覚としては、左手が負け右手が勝つ両手じゃんけんに近い。
とにかく攻撃するためにビームを撃つと、アストロロボSASAがあっちこっちに動くためフワフワして、頭までフワフワしてきて、気づくと魂がフワフワして大変なことになる。
しかもこのエネルギー弾は、エネルギー量が決められていて無駄撃ちが許されないというシビアっぷり。エネルギー量が0になるとゲームオーバー。

アストロロボSASAアストロロボSASAのゲームステージは全部で16。序盤は草原や倉庫などがメインで重力があるのだが、後半は海中のゲームステージなどが登場し浮力や潮の流れも計算して動かなければいけない。どんだけ鬼畜なんだアストロロボSASA、そりゃ小学生泣いちゃうよ。というか、大人までみっともなく泣いちゃうよ。
そして、最終ステージ付近では宇宙へと行く。ここからは無重力でさらにフワフワしてくる。しかもブラックホールが登場して、超強力な引力でぐいぐい引っ張られる。もちろん吸い込まれたらゲームオーバー。

ハイパーシビアなゲーム「アストロロボSASA」で、たまには苦痛を味わってみるのもいいのではないだろうか。

タイトル アストロロボSASA
メーカー アスキー
対応機種 ファミコン
ジャンル アクションシューティング
発売日 1985年8月9日
価格
プレイ人数 1人

画像引用元
[https://www.youtube.com/watch?v=Zx2n2kd2PWY]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-6-28

    「妖怪ウォッチ ワールド」見つけて!集めて!取り憑く!スマホ無料ゲームアプリ

    日本全国に現れる妖怪たちを探し出して友達にできるRPG  2018年6月27日にガンホーとレベ…
  2. 2018-3-12

    「メイドインワリオ ゴージャス」おバカで中毒性の高いミニゲームが300種類収録!

    超手軽すぎるアクションミニゲームの集大成が登場! 当時タッチ機能を活かしたミニゲーム集として話題を…
  3. 2017-4-29

    『ザンキゼロ』ダンガンロンパシリーズのスタッフが手がけるRPG。人類滅亡まで残機8人

    退廃的で美しい世界を描くサバイバルRPG スパイク・チュンソフトより、ダンガンロンパシリーズを手掛…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る