感情移入を超えた何かがある『アルノサージュ 〜生まれいずる星へ祈る詩〜』

プレイヤー自身がキャラクターの1人となるゲーム

本作『アルノサージュ 〜生まれいずる星へ祈る詩〜』はガストより2014年3月6日に発売されたPS3用ゲームソフトで、さらに2014年10月2日にはPSVita版『アルノサージュ PLUS〜生まれいずる星へ祈る詩〜』が発売されました。さて、本題ですが、見出しにも書いてあるように、プレイヤー自身がキャラクターの一員となってゲームが進んでいきます。いわゆるメタ視点ですね。

アルノサージュ 5

アルノサージュ 3従来のゲームは、「プレイヤーの分身を操作してゲームを進めていく」というものですよね。当たり前の話ですが…。ですが本作『アルノサージュ 〜生まれいずる星へ祈る詩〜』は、”プレイヤー自身”がキャラクターとなります。どういうことかわからない人のために例を挙げますが、例えば「画面の向こうのお前!早くボタンを押せ!」みたいな感じで、プレイヤー自身にゲームのキャラクターが話しかけてきます。

アルノサージュ 6いやー『アルノサージュ 〜生まれいずる星へ祈る詩〜』をプレイしてビックリしました。SFという幻想的な世界でここまで感情移入できてしまうのかと。今までメタ視点で物語が進行していくゲームはいくつかやったことありますが、ここまでの完成度を持ってこられると、もはや感情移入を超えた何かがありますね。どんどんプレイヤーが物語に組み込まれていくので、ゲームをクリアしてしまった時の喪失感は凄まじいものでした。

アルノサージュ 1

アルノサージュ 2さらに本作『アルノサージュ 〜生まれいずる星へ祈る詩〜』にはしっかりとした戦闘要素もあり、クオリティもなかなかのモノです。主人公とヒロインの2人で戦うタクティカルアクションのターン制バトルとなっていて、強力な詩魔法を放つヒロインを主人公が守るように戦いバトルをします。また、フレンド技やアイテムなどバトルを盛り上げる要素がたくさんあります!

『アルノサージュ 〜生まれいずる星へ祈る詩〜』の難易度はそんなに高くありませんが、気持ちいいくらいにさくさく進めることが出来ますね。さらにヒロインも可愛い、音楽もいい、むしろこのゲームの世界に本当に入りたくすらなりました。最後の方はもはや「俺って本当はこっちの世界の住民じゃね?」なんて思ったり・・・。

メタ要素を取り扱っているゲームの中でも、群を抜いた完成度です。ぜひ、一度『アルノサージュ 〜生まれいずる星へ祈る詩〜』をプレイしていただきたい!

タイトル アルノサージュ 〜生まれいずる星へ祈る詩〜
メーカー ガスト
対応機種 PS3/PSvita
ジャンル SF
発売日 2014年3月6日
価格 7140円
プレイ人数 1人

画像引用元
[http://www.4gamer.net/games/234/G023461/
screenshot.html?mode=thumbs&move=reverse]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-7-8

    「隻狼-SEKIRO:SHADOWS DIE TWICE」ダークで和風な侍アクションゲームがフロムソフトウェアから登場!

    ダークファンタジーな戦国時代の忍びの戦いを描くアクションゲーム  「隻狼-SEKIRO:SHA…
  2. 2016-2-28

    『キングダムハーツ3』ピアノが導く最果てへの鍵となるアクションRPG

    キングダムハーツ久しぶりのナンバリングタイトルとなるゲームの全容はいかに・・・!? ディズニーキャ…
  3. 2017-6-14

    「メトロイドプライム4」探索と謎解きが重視されたFPS

    原点に立ち返った期待の探索型シューティングゲーム 「メトロイドプライム4」は、2017 E3にて少…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る