『ARAYA』少女が謎の死を遂げたやばい病院!タイ産ホラーゲーム!

『ARAYA』を探しに病院に入ったら本気でヤバいことに…

ARAYA ホラーゲーム Steam 『ARAYA』は、インディーズディベロッパー『MAD Virtual Reality Studio』が制作したホラーゲーム。

近年インドネシアのインディーディベロッパーによって制作された『Dread Out』など、東南アジアのホラーゲームの勢いは凄まじいが、そんな『ARAYA』もタイのインディーディベロッパーから発売されたホラーゲームである。
タイ産と聞くとなんか美味しそうだが、食欲は失せてしまうだろう…。

3人のキャラクター視点でタイの病院を探索していく!

『ARAYA』では、3人のキャラクター視点で少女「アラヤ」が病院で謎の死を遂げた真相を探っていく。舞台はタイにあるというナパワン病院。名前といい、それが書いてあるタイ語といい、東南アジアの雰囲気はバッチリだ。

ARAYA 幽霊を見たと言われる閉鎖された病院、アラヤを最後に見たのもその病院。しかし、マリサは、何故か病院にいるというメッセージを受け取り1人で調査しにいくことに…。

ARAYA ラマは病院で働く警備員で見回りをしているところ事件に巻き込まれていく。写真立てにアラヤと思われる顔が見えない女性が写っていて、特別な関係なのではと思わせる節がある。

ARAYA ブーンはラマとは知り合いのようで、写真を撮るために病院へ忍び込み事件に関わっていくことになる。

タイの違った一面を垣間見ることができる

ARAYA ホラーゲーム SteamARAYA ホラー ゲーム普段タイは南国リゾートで昼夜賑わっているイメージだが、『ARAYA』ではおどろどろしい雰囲気が漂っている。生い茂った木、生温かい風など、本来南国の醍醐味たるものが全て不気味に様変わりしてしまっている。僕の知ってる南国じゃない…。

ジャパニーズホラーなら屋敷や日本家屋、アメリカやヨーロッパなら洋館。これらは大分ホラーゲームでは御用達になった舞台だが、タイの病院が舞台というのは実に新鮮だ。

ゲームをプレイしていると画面はかなり暗く、スマホの明かりを頼りに進んでいく。『ARAYA』は、一人称視点ということもあり非常に臨場感がある。

『ARAYA』に日本語字幕は現在ないが、それでも十分に恐怖を味わうことができるはずだ。


タイトル ARAYA
メーカー MAD Virtual Reality Studio
対応機種 PC
ジャンル ホラーゲーム
発売日 2016年11月24日
価格 1,480円
プレイ人数 1人

画像引用元
[https://www.youtube.com/watch?v=dWJ3nsZ016w]
[http://store.steampowered.com/app/466740/?l=japanese]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-5-15

    「妖怪ウォッチ4」超怖くなったシャドウサイドとして超進化を遂げたゲーム

    シャドウサイドの世界で展開するまったく新しいゲームの妖怪ウォッチ 多くのシリーズを発売し社会現象に…
  2. 2018-3-12

    「メイドインワリオ ゴージャス」おバカで中毒性の高いミニゲームが300種類収録!

    超手軽すぎるアクションミニゲームの集大成が登場! 当時タッチ機能を活かしたミニゲーム集として話題を…
  3. 2018-7-12

    「Devil May Cry 5(デビル・メイ・クライ5)」悪魔を狩る超スタイリッシュアクションゲーム再び

    シリーズ第五弾となるアクションはさらに磨きがかかったハイクオリティなものに  爽快かつカッコい…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る