記憶を辿って城の最深部へ…『Amnesia The Dark Decent』

正体不明の怪物に追われるホラーゲーム『Amnesia The Dark Decent』

『Amnesia The Dark Decent』 ホラーゲーム アドベンチャー『Amnesia The Dark Decent』は2010年に発売され、Frictional Gamesが開発したホラーゲームで通称「アムネシア」。
記憶喪失の主人公が古城を探索し、謎を解いていくホラーテイストのサバイバルアドベンチャーゲーム。

ダニエルはAmnesia(記憶喪失)に陥っていた…

『Amnesia The Dark Decent』 ホラーゲーム アドベンチャー主人公ダニエルは古城ベレネンベルグ城で目を覚ました。記憶を失くしており、自分が何者でなぜここにいるのか思い出せなかった。しかし、自分が何かに追われているということだけは覚えていた。そして「城主のアレクサンダーを殺せ」という自分からの手紙を見つける。目的を果たすべく城の深層まで向かうが、城では見たこともない怪物が徘徊しているのだった。

『Amnesia The Dark Decent』では正気を保たなければ生きていけない

『Amnesia The Dark Decent』 ホラーゲーム アドベンチャー『Amnesia The Dark Decent』では、主人公は怪物や死体などの恐ろしいものを見たり、長時間暗闇にいるとSAN値(正気値)が減少する。火をつけたり明るい場所へ行く、謎を解いたり状況を進展させるなどすると正常値に戻る。SAN値が大きく減少すると目眩によって視界が歪み、発狂状態になるので敵に見つかりやすくなる。

正気を保つことが『Amnesia The Dark Decent』を円滑に進めるための条件となるが、SAN値を活用した非常にやっかいなゲームシステムが存在する。『Amnesia The Dark Decent』では武器が存在しないのだ。そのため、主人公が怪物と遭遇したらSAN値を減少する覚悟で暗闇に身を隠すか、敵に見つかる覚悟で火をつけるかの苦渋の2択を迫られる。そのため、かなり緊張感あふれるホラーゲームとして仕上がっている。

『Amnesia The Dark Decent』は、SAN値を利用して非常にスリリングなホラーゲームとしての演出に成功している。


タイトル Amnesia The Dark Decent
メーカー Frictional Games
対応機種 PC
ジャンル ホラーゲーム
発売日 2010年
価格 980円
プレイ人数 1人

画像引用元
[https://www.youtube.com/watch?v=iKYC-axJScM&list=P  L1Z1KdfmKueburSczSLtfZRujz3WUVL8q]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-6-16

    「Fallout 76」爆弾が投下されて25年、終末戦争後のアメリカへと一歩踏み出すRPG

    未だかつてないオープンワールドRPGのマルチプレイを体験しよう  Bethesda Game …
  2. 2018-7-12

    「Devil May Cry 5(デビル・メイ・クライ5)」悪魔を狩る超スタイリッシュアクションゲーム再び

    シリーズ第五弾となるアクションはさらに磨きがかかったハイクオリティなものに  爽快かつカッコい…
  3. 2018-5-17

    『Death’s Gambit』戦闘をダイナミックに描く2Dアクション

    ダークソウルやデモンズソウルから影響を受けたアクションゲーム さて、今回紹介するのはインディースタ…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る