「アーケードアーカイブス クレイジークライマー」屋上を目指す命知らずのアクションゲームが復活

[最終更新日]2018/02/02

ビルを登り続けるレトロアクションゲームが蘇る

1980年に日本物産から発売されアーケードを賑わせたゲームが「アーケードアーカイブス クレイジークライマー」として復活。過去にはファミコンに移植されたりもしています。

右手で、左手で、屋上目指し一心不乱に登り続ける

「アーケードアーカイブス クレイジークライマー」では、ビルを素手で登っていくという、まさにクレイジーな奴が主人公になっています。操作ですが、アーケード時代の操作感を大事にしていて、ツインレバーで右手と左手を動かしビルの屋上を目指し登り続けるという内容になっています。屋上に到着するとヘリコプターがやってきてクリアとなります。

言ってしまえば、このゲームはただそれだけなんです。なんてったって1980年に発売されたゲームですからね。でもこういったシンプルなゲームこそ中毒性が高いものですよね。

そして、やはりゲームですから、ただ登るだけではないというのが面白いところ。「アーケードアーカイブス クレイジークライマー」では、開いている窓にしか掴まれないという制約があり、しかも窓はランダムに開け閉めされるため、状況に応じた判断がゲーム攻略に重要となってきます。他にも鉢植えだったり看板だったり、キングコングなんていう障害物が出てきて、プレイヤーの行く手を阻んだり邪魔してきます。

そして、窓が閉められている場合やギミックによるダメージがあるとワンミスでゲームオーバーになるため、「アーケードアーカイブス クレイジークライマー」は気が抜けないゲームとなっています。

「アーケードアーカイブス クレイジークライマー」ではボイスが収録されていて、イテっという声やガンバレなどところどころレトロゲームならではの要素がありニヤッとしてしまいます。

こだわり抜いた復刻版

「アーケードアーカイブス クレイジークライマー」では、ブラウン管テレビのグラフィックを再現したりと過去の名作を忠実に再現することがコンセプトに作られています。そして、ゲーム難易度の設定変更、オンラインランキングによる世界中のプレイヤーとのスコア争いなどの新しいゲーム要素も追加されています。

アーケードアーカイブス クレイジークライマーの発売日はいつ?

「アーケードアーカイブス クレイジークライマー」は2014年5月15日にPlayStation4で配信されました。Nintendoswitchでは2018年2月8日に配信されます。

タイトル アーケードアーカイブス クレイジークライマー
メーカー ハムスター
対応機種 PS4/Nintendoswitch
ジャンル アクションゲーム
発売日 2014年5月15日
価格 823円
プレイ人数 1人〜2人

画像引用元
[https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000007491]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめゲーム

  1. 幾重にも重なる物語がこのゲームに! さて、今回紹介するゲームはスパイク・チュンソフトより2012年…
  2. 懐かしいドット絵の2DアクションサンドボックスゲームTerraria(テラリア) Terraria…
  3. 3Dでぶっ飛びまくるグロテスクなバカゲー あのバカゲー「Happy wheels」を3Dにしたよう…
  4. アラサー大歓喜!KOF98がスマホ無料ゲームアプリとして大暴れ! 「THE KING OF FIG…
  5. 壮大な物語に終止符が打たれる!「DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2」 …

注目の最新ゲーム

  1. 2018-1-9

    新章の幕明け!『Fate/EXTELLA Link(フェイトエクステラリンク)』では新しいサーヴァントも参戦!

    続編となり、新要素満載のアクションゲーム! 今回紹介するのは、マーベラスより発売が予定されている新…
  2. 2017-6-14

    「ヨッシー for Nintendoswitch(仮称)」表と裏があるペーパークラフトの世界を大冒険!

    温かみのある紙でできた世界を歩くアクションゲーム! 2017 E3でヨッシーのゲームがNinten…
  3. 2018-2-16

    日本一ソフトウェア2018年期待の新作『嘘つき姫と盲目王子』目の見えない王子を救うために化物の嘘つき姫は冒険する

    全社員参加のコンペにより生まれたアクションアドベンチャーゲーム さて、今回紹介するのは日本一ソフト…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る