カプコンが放つ残念な移植シューティングゲーム

19421942は、19シリーズの初期ゲームであり、全32ステージで構成され2P交互プレイが可能。機体のP-38ライトニングを操縦してミッドウェイから沖縄までの激戦を乗り越えます!

19421942は、十字キーで操作して、シンプルなショットを撃ち込みます。攻撃範囲自体は広くなく、パワーアップすると弾数が増えます。さらにループボタンというものがあり、Rストックを1消費して機体を宙返りさせることができます。一定時間無敵となるがショットが撃てなくなるというデメリットも。Rストックは初期状態で3つあります。

1942で特定の条件を満たすと現れる小型機を壊すとアイテムを手に入れることができます。効果は様々でショットの範囲が広くなるものやサイドファイターを召喚し攻撃能力をあげるもの、画面内の敵を全滅させるものなど様々です。他にも、Rストックが増えたり残機が増える1UPもあります。

1942は、遊びやすくシンプルに作られているゲームなのだが、逆に言えばありがちでマンネリなゲームとなっている。元々1942はアーケードで遊ばれていたゲームで、ファミコンに移植されたのだが、アーケードから大幅に劣化している。動きがギクシャクしている、ショットボタンで弾が出ないなど問題は多い。

プレイステーション2で発売されたオムニバスソフトにも収録されていて、こういった問題点がないので、プレイするのであればそちらをおすすめする。スマホのカプコンアーケードに収録、Wiiのバーチャルコンソールにも登場している。

タイトル 1942
メーカー カプコン
対応機種 ファミコン/Wii/スマホ
ジャンル シューティングゲーム
発売日 1985年12月11日
価格 バーチャルコンソール:800円
スマホ:10回まで無料、パッケージ350円
プレイ人数 1人

アイフォン ios ダウンロード バナー

画像引用元
[https://www.youtube.com/watch?v=AlXf77Hheeo]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2017-6-14

    「メトロイドプライム4」探索と謎解きが重視されたFPS

    原点に立ち返った期待の探索型シューティングゲーム 「メトロイドプライム4」は、2017 E3にて少…
  2. 2018-5-6

    『Eastward』緩やかに滅びゆく世界を冒険するアクションRPG

    限られた時間を精一杯生きる2人に胸を打たれる さて、今回紹介するのは、インディーパブリッシャーCh…
  3. 2018-7-8

    「隻狼-SEKIRO:SHADOWS DIE TWICE」ダークで和風な侍アクションゲームがフロムソフトウェアから登場!

    ダークファンタジーな戦国時代の忍びの戦いを描くアクションゲーム  「隻狼-SEKIRO:SHA…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る