「螢幕判官 Behind The Screen」殺人鬼の人生を追体験し真相を探るサスペンスAVG

物事の裏側に隠れる真実に迫る独特な台湾産ゲーム

昭和を感じさせる古い手描きの広告ポスターのような独特なグラフィックとなっている「螢幕判官 Behind The Screen」は、まだインターネットなどが普及していない時代の台湾が舞台。デベロッパーも台湾の18Light Gameとなっていて、国内販売はCOSENが担当することがアナウンスされました。

このゲームの設定がなかなか独特

「螢幕判官 Behind The Screen」では、殺人犯として報道された人物の裏側へと迫り、記憶と人生を深く掘り下げていくというストーリーになっています。インターネットがない時代が舞台のため、現代のように多くの情報が発信されずニュースなどが全てという時代の中でどのような展開がされていくのか、サスペンスが好きな人はわくわくする部分だと思います。ちなみに、「螢幕判官 Behind The Screen」で取り扱っている事件は、実際に台湾で起きた歴史的出来事を題材にしているということなので期待も大きいですね。サスペンス好きって実話を元にしているとかって言葉に弱いところあると思うんですよ。

果たして、メディアとそれを見る視聴者によって、1人の人間の人生がどのように壊れていってしまうのか、その事件の裏側には何が秘められているのか、ゲームを通して人間の闇を垣間見てみましょう。

多くのゲーム要素を含んでいる

基本的には日本のRPGのような見下ろし視点で探索していくサスペンス調のアドベンチャーゲームになっていて、あちこち歩き回りながら謎を解いていくことになります。ところどころミニゲームのような感じで、パズルやステルス、バトルといった多くのゲーム要素が組み込まれているのも特徴。

こんな感じで色々はめ込んで解き明かすパズルや・・・

施設の一回り大きい男の子と殴り合ったりするバトルや・・・

何故か中世のコロシアムのような場所で戦うことになったりと、これだけ見てもかなり様々なものが用意されています。

そして、探索以外にもムービーパートというものがあり、実写映像が使われて事件のことをゲームの合間に挟み込んでいます。ニュースキャスターだったり幼稚園の先生だったり近所の人だったりと、実際のニュース報道番組のような作りになっていますね。しかし見てみると、どれも胡散臭さがすごく、報道というものに疑念を持つ作りになっているのがわかります。

「螢幕判官 Behind The Screen」のゲームプレイ自体は、すんなり進めば2時間程度とあっさりしているそうですが、頭を悩ませる部分もあるので簡単なゲームではありません。

ちなみに、こんな怪物にも追いかけられたりもするので、ホラーな要素もあってハラハラさせられますよ!

螢幕判官 Behind The Screenの評価・レビュー

社会問題としても取り上げられるフェイクニュースを題材に、テレビくらいしか情報を得られる手段がなかった時代に起きた事件がテーマになっています。過激な報道で殺人犯として祭り上げられた人物の裏側を知っていくことがメインとなるアドベンチャー形式ですが、いい感じのスパイスとしてミニゲームがいくつも散りばめられているのでプレイヤーを飽きさせない作りになっていると感じました。サスペンス調で殺人犯の人生を辿っていくという設定に面白いと感じたのであれば、きっとこのゲームの世界観にハマれると思います。なので、社会派サスペンスが好きな人におすすめしたいですね。ストーリーとリンクする台湾の歴史は、日本人としてはちょっとピンと来ない部分なため、どこまで楽しめるかは人を選ぶかなと感じました。

また、台湾産のゲームですが、日本国内ではCOSENがNintendoswitch向けに発売を発表しています。アドベンチャー要素も強いため、やはり日本語でのプレイをおすすめします。

螢幕判官 Behind The Screenの発売日はいつ?

「螢幕判官 Behind The Screen」ですが、Steamで2018年4月4日に発売されました。Nintendoswitchでは2018年に配信が決定されています。

タイトル 螢幕判官 Behind The Screen
メーカー
18Light Game Ltd.
COSEN
対応機種 Nintendoswitch
Steam
ジャンル サスペンスアドベンチャーゲーム
発売日 2018年4月4日
価格 1000円
プレイ人数 1人

画像引用元
[https://store.steampowered.com/app/821560/
_Behind_the_Screen/]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2017-6-14

    「メトロイドプライム4」探索と謎解きが重視されたFPS

    原点に立ち返った期待の探索型シューティングゲーム 「メトロイドプライム4」は、2017 E3にて少…
  2. 2018-6-14

    「Ninjala」フィールドを縦横無尽に飛び回るニンジャ対戦アクションゲーム

    ニンジャガムを使った変幻自在のコミカル対戦アクションゲーム  「Ninjala」は、その名の通…
  3. 2018-5-7

    『Chernobylite』チェルノブイリの危険区画を舞台に巻き起こる混沌を描くサバイバルホラー

    世界最大規模の原子力発電所事故で有名なチェルノブイリが舞台のホラーゲーム さて、今回紹介するのは、…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る