『BLACK WOLVES SAGA -Weiβ und Schwarz-』呪われた愛の伝承が甦る!

ストーリー性と過激な描写が評価されたアドベンチャーゲームがPSVITAに

さて、本日紹介するゲームはアイディアファクトリーより2017年1月26日に発売が予定されている乙女向けダークゴシックファンタジーゲームの『BLACK WOLVES SAGA -Weiβ und Schwarz-』です。対応プラットフォームはPlaystationVITA、ゲームの価格は6800円となっております。

本作『BLACK WOLVES SAGA -Weiβ und Schwarz-』は、それぞれ異なるストーリー展開と今までになかった過激な描写で一目話題になったPC版「BLACK WOLVES SAGA-Bloody Nightmare-」とPSP版「BLACK WOLVES SAGA -Last Hope-」に追加要素が加えられたPSVITA版となっております。独特な世界観が病み付きになるタイトルなので、気になる方には是非チェックしていただきたいゲームです。

BLACK WOLVES SAGA -Weiβ und Schwarz-

BLACK WOLVES SAGA -Weiβ und Schwarz-はるか遠い、どこか異国を舞台に人と獣達が共に暮らす世界で物語が展開されていきます。そんな平和で美しい国に、とある疫病「ゾディバ」が蔓延します。解決策が全く見当たらない疫病に人々は恐れをなし、ただただ恐怖と戦うしか出来ない現状に、人々は病の正体を「オオカミの呪い」と認定し、狼狩りの令が発令され、物語が大きく展開していく。

タイトル BLACK WOLVES SAGA -Weiβ und Schwarz-
メーカー アイディアファクトリー
対応機種 PSVITA
ジャンル アドベンチャーゲーム
発売日 2017年1月26日
価格 6800円
プレイ人数 1人

画像引用元
[http://www.jp.playstation.com/software/title/vljm35429.html]

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Related post

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

CAPTCHA


おすすめゲーム

  1. はっきり言ってクリアできる気がしないゲーム ファミコンのレトロゲーム「アストロロボSASA」。タイ…
  2. エツィオの物語が一本のゲームで遊べる! ユービーアイソフトより、大人気シリーズアサシンクリードのエ…
  3. ミニゲーム感覚で遊べるレトロゲーム ワイルドガンマン、ダックハントと一緒に光線銃シリーズと呼ばれる…
  4. 無料ホラーゲーム第二章の舞台は学校 つぐのひシリーズ最新作(2016年現在)の『シキヨク -死…
  5. シリーズ初のオープンワールドが採用されている注目のゲームタイトル コーエーテクモゲームスより、20…
  6. 成田が舞台で、待望のANA機がゲームにやってきた! 「ぼくは航空管理官 エアポートヒーロー3D 成…
  7. はぐるまを増やして街を灯りでいっぱいにするスマホ無料ゲームアプリ 「はぐるまのまち」はスチームパン…

注目のゲーム

  1. 2017-2-23

    『NieR:Automata(ニーア:オートマタ)』美しくも悲しいアンドロイドたちのRPG

    ファン待望のゲーム!ニーアシリーズが2017年2月23日に発売! スクエアエニックスはニーアレプリ…
  2. 2017-1-19

    このスピード感についてこれるか?!『GRAVITY DAZE 2(グラビティデイズ2)重力的眩暈完結編:上層への帰還の果て,彼女の内宇宙に収斂した選択』

    待ちに待ったGRAVITY DAZE(グラビティデイズ)の続編アクションゲーム! 2012年に発売…
  3. 2017-3-18

    『モンスターハンターダブルクロス』色んな新要素を引っさげたアクションゲーム

    新たな狩猟スタイルだけじゃなく、様々な新要素がゲームに追加! 任天堂とカプコンより、プレゼンテーシ…
  4. 2016-12-5

    ついに発表!『The Last of Us Part Ⅱ』憎しみを描いたシリーズ最新作は成長したエリーが主役。

    世界中を震わせた超名作ゲームの続編がきた 我々ゲームユーザーにとっては本当に嬉しいお知らせなのです…
  5. 2017-2-9

    『仁王』ついに姿を現したコーエーテクモの新作ゲーム!

    仁王!10年ぶりの急浮上に揺らぐ! 2005年にてコーエーテクモが制作を発表した「仁王」だが、それ…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
Return Top